「クラブサンドイッチ指数」、東京はアジアで1位、世界で7位

PR TIMES / 2014年5月13日 15時35分

~クラブサンドイッチが世界で最も高い都市は2年連続でスイス・ジュネーブと発表~



オンラインホテル予約サイト世界最大手のHotels.com(R)が本日発表した調査によると、東京のクラブサンドイッチの平均価格は2,247円とアジアで最も高い都市となり、世界でも7番目にランクインしました。 一方世界で最も高い都市はジュネーブで、平均価格は3,313円あることが分かりました。Hotels.comはクラブサンドイッチとして定番であるチキン、ベーコン、玉子、レタス、マヨネーズを挟んだサンドイッチが世界各地の「手ごろ」な価格の指標として比較できるものであることからClub Sandwich Index(クラブサンドイッチ指数:以下CSI)を作成しました。これにより、旅行客が目的地の物価目安を知ることができます。

今回のCSI調査の平均値は28ヶ国の主要観光地にある3~5ツ星ホテル各30軒において、ゲストが実際にクラブサンドイッチをオーダーした際に支払う価格から算出しています。世界の合計840件のホテルが調査対象です。

調査3年目の今回、世界中のクラブサンドイッチの価格に変化が見られ、通貨変動の影響も確認できました。

スイス国内では、5ツ星ホテルの最高値である4,396円 から3ツ星ホテルの最低値となる1,561円と幅広く設定されていました。また、美食の中心地で2年連続2位となったパリの平均価格は2,985円であり、今年オスロに代わって3位となったフィンランドの首都ヘルシンキは2,476円でした。

インドのニューデリーは昨年と変わらずクラブサンドイッチ購買平均価格が一番低く、892円となっていますが、他の旅行地でも1,700円台を切るところが増えました。マドリッドは1,619円、リオデジャネイロは1,488円、そしてバンコクは1,217円となっています。また、シドニーのクラブサンドイッチの価格は大幅に下がり、2014年は2013年の2,042円から大幅に値下がりし1,721円でした。

Hotels.comのアリソン・クーパーは「CSIは世界中のホテルのメニューに載っているクラブサンドイッチを使い、各国でどれくらいの旅行予算が必要かをシンプルに示すことができます。ジュネーブでクラブサンドイッチにかぶりつく時は、ニューデリーであれば同じ予算であと3つ食べられることを思い出してみてはいかがでしょう」とコメントしています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング