「クラブサンドイッチ指数」、東京はアジアで1位、世界で7位

PR TIMES / 2014年5月13日 15時35分

~クラブサンドイッチが世界で最も高い都市は2年連続でスイス・ジュネーブと発表~



オンラインホテル予約サイト世界最大手のHotels.com(R)が本日発表した調査によると、東京のクラブサンドイッチの平均価格は2,247円とアジアで最も高い都市となり、世界でも7番目にランクインしました。 一方世界で最も高い都市はジュネーブで、平均価格は3,313円あることが分かりました。Hotels.comはクラブサンドイッチとして定番であるチキン、ベーコン、玉子、レタス、マヨネーズを挟んだサンドイッチが世界各地の「手ごろ」な価格の指標として比較できるものであることからClub Sandwich Index(クラブサンドイッチ指数:以下CSI)を作成しました。これにより、旅行客が目的地の物価目安を知ることができます。

今回のCSI調査の平均値は28ヶ国の主要観光地にある3~5ツ星ホテル各30軒において、ゲストが実際にクラブサンドイッチをオーダーした際に支払う価格から算出しています。世界の合計840件のホテルが調査対象です。

調査3年目の今回、世界中のクラブサンドイッチの価格に変化が見られ、通貨変動の影響も確認できました。

スイス国内では、5ツ星ホテルの最高値である4,396円 から3ツ星ホテルの最低値となる1,561円と幅広く設定されていました。また、美食の中心地で2年連続2位となったパリの平均価格は2,985円であり、今年オスロに代わって3位となったフィンランドの首都ヘルシンキは2,476円でした。

インドのニューデリーは昨年と変わらずクラブサンドイッチ購買平均価格が一番低く、892円となっていますが、他の旅行地でも1,700円台を切るところが増えました。マドリッドは1,619円、リオデジャネイロは1,488円、そしてバンコクは1,217円となっています。また、シドニーのクラブサンドイッチの価格は大幅に下がり、2014年は2013年の2,042円から大幅に値下がりし1,721円でした。

Hotels.comのアリソン・クーパーは「CSIは世界中のホテルのメニューに載っているクラブサンドイッチを使い、各国でどれくらいの旅行予算が必要かをシンプルに示すことができます。ジュネーブでクラブサンドイッチにかぶりつく時は、ニューデリーであれば同じ予算であと3つ食べられることを思い出してみてはいかがでしょう」とコメントしています。


■Hotels.comについて
Hotels.com ( http://jp.hotels.com) は、国際的ホテルチェーンからオールインクルーシブリゾート B&Bまで、世界の290,000軒以上の施設予約と情報提供を行う世界最大手のオンライン宿泊予約サイトです。業界最多の宿泊施設を提供するサイトのひとつでもあり、顧客へのベストプライスの 提示セール、お得情報やプロモーションの提供を行っています。そして、ニュースレターによる割引 特典や事前セール情報などの最新情報も提供しています。また実際に宿泊されたお客様による ユーザーレビュー1,000万件の情報を参考に予約の検討ができます。また、10泊すると1泊無料と なる特典プログラム「Welcome Rewards」は世界10万軒以上から選ぶことができます。価格保証プログラムを採用しており、別サイトでより安い料金が提示されている場合、その差額を払い戻します。また日本語版サイト、または日本語によるカスタマーサービスセンターを通じてホテルを予約も可能です。モバイルおよびタブレット用アプリは http://jp.hotels.com/otoku-joho/mobile_jp/ より ダウンロードでき、外出先からも20,000軒の直前割引情報を確認することができます。受賞歴もある世界の主要都市にあるホテル宿泊料金の調査「Hotels.com Hotel Price Index」は1年に2度発行され、今年で10年目を迎え、現在31ヶ国版で提供しています。

Hotels.com Japanの公式アカウント一覧:
-Facebook: http://www.facebook.com/Hotels.comJapan
-Twitter: http://twitter.com/Hotels_com_JP
-YouTube: http://www.youtube.com/user/HotelsComJapan
Hotels.comはオンライン旅行会社の世界最大手Expedia Inc. (NASDAQ:EXPE)の子会社です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング