H・ステンソン、史上初の欧米王者2冠を達成!!

PR TIMES / 2013年11月19日 12時43分

『SLDRドライバー』、 大会新記録樹立に貢献し、早くも8勝目*1を獲得!

テーラーメイド ゴルフ株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長:山脇康一)では、同社が展開する「テーラーメイド」契約のヘンリック・ステンソンが11月14日~11月17日に開催された欧州男子ツアー「DPワールド ツアー選手権 ドバイ」(開催場所:ジュメイラ・ゴルフエステーツ/UAE) において、通算25アンダーの大会レコードで勝利を獲得。これにより、史上初となる同一シーズンの欧米男子両ツアーにおける年間王者に輝きました。



2位と1打差の単独首位からスタートした最終日、ヘンリック・ステンソンは『SLDR ドライバー』を武器に、最初の5ホールで3つのバーディーを奪うなど圧巻のゴルフを展開。最終ホールでは2打目をピンデットにつけてイーグルを奪取し、トータルスコア「64」でホールアウト。大会レコードとなる通算25アンダーを記録し、完全優勝を果たしました。


今回の勝利により、今年9月に閉幕した米国男子ツアー2013年王者争い『フェデックスカップ』の制覇に続き、欧州男子ツアーの賞金王レース『レース・トゥ・ドバイ』の初制覇も達成。史上初の同一シーズンにおける欧米男子ツアーにおける両チャンピオンタイトル獲得を達成しました。


今回の勝利により、『SLDRドライバー』は世界のツアーで早くも通算8勝目*1 、『テーラーメイド』のドライバーとしては、通算56勝目*1を獲得するなど、「テーラーメイド」製品が、欧米王者の快挙に大きく貢献しています。


ヘンリック・ステンソン 使用スペック*2

ドライバー :『SLDR ドライバー』(10.5)


*1:2013年度の米国男子、欧州男子、チャンピオンズツアー、米国女子、WEB.com、日本男子ツアーの勝利実績(2013年11月19日時点)
*2:使用スペックに関しては一部、市販モデルとは仕様が異なる場合があります。


■ 「SLDR ドライバー」について

テーラーメイド独自の弾道調整機能をさらに進化させた「SLDRウエイト」をソール前方に搭載、ロー・フォワード・シージー設計を可能にし、徹底的に飛距離性能を追求したディスタンス系ドライバーです。新たに搭載された「SLDR ウエイト」は、1 つのウエイト(18g)をスライドさせることで大きな重心可変を促し、簡易的でありながらも、ワイドな弾道調整を実現する新たな弾道調整テクノロジーです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング