資生堂 鎌田 由美子の Executive Beauty(エグゼクティブ ビューティー)エレガンス編

PR TIMES / 2014年6月16日 9時26分



資生堂トップヘア&メーキャップアーティスト 鎌田 由美子(かまだ・ゆみこ)が解説する「Executiveエグゼクティブ Beautyビューティー」レッスンの後編は、「エレガンス」編です。フォーマルな社交の場に出席する機会が多いエグゼクティブクラスの女性にふさわしい、「エレガンス」を感じさせるヘア&メーキャップのテクニックをご紹介します。


《資生堂トップヘア&メーキャップアーティスト 鎌田由美子からのアドバイス》

エグゼクティブクラスに仲間入りすると、さまざまなパーティーや懇談会など、数多くの企業トップが集まる会合への出席や、主賓として挨拶する機会が増えるようになります。このようなフォーマルな社交の場においては好印象を与え、幅広くコミュニケーションを図ることも、エグゼクティブに求められる役割です。
とはいうものの、多忙を極めるトップの女性たちにとって、ゆっくりと化粧を直す、もしくは美容院でヘアスタイルを整える・・・、といった時間はありません。
通常のオフィスメークにプラスして、簡単にエレガンスを演出できる3つのテクニックを伝授します!


《MAKEUP EXAMPLE (視線が集まるエレガントメーク)》

オフィスメーク編でふれた「ベース」、「ライン」の決め手に、上記の3つのテクニックを取り入れたのが左のモデルです。

<A>「肌ツヤUP」テクニック
光を肌に集めて、生命感と自信に溢れるオーラを演出
→ハイライトパウダーと血色感のあるチークのダブル使い
<B>「目もとメリハリUP」テクニック
目もとのラインをしっかり描き、顔全体に活力を与える
→黒のアイライナーでいつもよりフレームをしっかり描く
<C>「唇の立体感UP」テクニック
ふっくらした立体感のある唇で、口元に優美さとやさしさを
→ハイライト効果のあるライナーを対比効果にとりいれる


《エレガンスを演出するハウツーテクニック》
<A>「肌ツヤUP」

ハイライト効果のあるフェースパウダーを頬骨の高いところに沿って、ふんわりといれます(目安は目尻を囲む黄色のCライン)。チークはレッド系を選ぶと、血色感がより強調されます。チークは頬骨より、やや高い位置に入れると、よりアクティブな印象に(赤楕円の位置)。

<B>「目もとメリハリUP」

目もとのメリハリUPには、漆黒のリキッドタイプのアイライナーを用います。くっきりと、いつもより長めにアイラインを描く(2~3mm)と、意思の強さが引き立ちます。アイラインの終点は、ご自身の目尻よりも下がらないように。マスカラはオフィスシーンよりも、根本からしっかりつけて、ボリュームをつけると華やかさが一層加わります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング