1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【新商品】コンパクト財布の難点をとことん解決!藤巻百貨店の大人気ブランド・LITSTAが、ギミック財布「Flexible Wallet」を新開発!

PR TIMES / 2021年9月15日 16時45分

2021年9月14日(火)より、クラウドファンディング「STUNNING JAPAN」にてプロジェクトを開始!

「日本」をテーマにした珠玉の逸品に出会えるECサイト「藤巻百貨店」(運営会社:株式会社caramo、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村亮、 https://fujimaki-select.com)は、同社が展開する一流の職人・クリエイターの新商品開発に特化した購入型クラウドファンディングサービス「STUNNING JAPAN」において、新プロジェクト「【LITSTA】Flexible Wallet」を2021年9月14日(水)より開始いたしました。
本商品は、藤巻百貨店で大人気のレザーブランド・LITSTA(リティスタ)によるもの。「中身の視認性が低い、出し入れしにくい」「収納力がない」「デザイン性が低い」といったこれまでのコンパクト財布の難点を徹底的に解決したアイテムです。小さいながらも抜群の収納力、便利さとギミックのおもしろさを兼ね備えた本品は、これまでのコンパクト財布に満足できなかった方にも必ずや納得いただける仕上がり。みなさまのご支援をお待ちしております!



[画像1: https://prtimes.jp/i/5826/155/resize/d5826-155-52e5d9f7a2938fed7029-9.jpg ]

「【LITSTA】Flexible Wallet」クラウドファンディングプロジェクトページ:
https://fujimaki-select.com/category/CFTOP/803_0001QX.html



ココがすごい!【LITSTA】Flexible Wallet 3つのポイント

1. コンパクト財布の弱点を解決!

[画像2: https://prtimes.jp/api/file.php?c_id=5826&t=animationGifImage&f=agd-5826-155-1.gif&img_id=1631278216653 ]

これまでのコンパクト財布にありがちな下記の弱点をとことん解決しました。
・中身の視認性が低い、出し入れしにくい
・収納力がない
・デザイン性が低い

[画像3: https://prtimes.jp/i/5826/155/resize/d5826-155-bcb1f0c84f8616fe7184-6.jpg ]

ポイントは、本商品のために一から開発した「金具」。
この金具を使用した回転仕様により、メインの蓋を開かなくともカードと小銭ポケットがワンアクションで出てくる仕掛けを実現しました!


2. 小さくてもバツグンの収納力!

[画像4: https://prtimes.jp/i/5826/155/resize/d5826-155-92c02ce6ddaebe8a8aaf-0.jpg ]

お札は折らずに出し入れでき、小銭のほかカードは6枚も入る収納力!
また、厚さはわずか1.5cm、約65gという軽さも魅力です。
たくさん入れても厚みはほとんど変わらず、ヒップポケットや小さいバッグにもラクラク入ります。


3. 高級レザー「プエブロ」のエイジング

[画像5: https://prtimes.jp/i/5826/155/resize/d5826-155-3361497b7c69b8aaf2e7-2.png ]

素材は、イタリアの老舗タンナーであるバダラッシー・カルロ社の「プエブロ」。
植物性タンニンを使用し、ゆっくりとオイルを染み込ませてゆく伝統の「バケッタ製法」によって鞣されています。
また、表面にあえて細かい傷をつけて起毛させ、「こすれた」ような素朴な表情とザラリとした触感が特徴。
使うにつれ人の手の脂や摩擦などによってこの起毛感が落ち着く代わりに、深い色みと共にしっとりとしたツヤが表面を覆います。
このダイナミックなエイジングは、レザー好きにはたまりません!



リターン品について


[画像6: https://prtimes.jp/i/5826/155/resize/d5826-155-938d752f8d1a6dd6961e-1.jpg ]

・支援購入金額:8,800円(税込)
・カラー展開:全6色(ブラック、ダークブラウン、キャメル、ブリックレッド、ブルーグリーン、イエロー)
・お届け:11月下旬までにお届け予定
・支援購入特典:STUNNING JAPAN限定!送料無料&コードクリップをプレゼント!
※サイズ変更やカスタムは出来かねます。予めご了承くださいませ。
※天然素材の牛革を使用しているため、ひとつひとつに個体差がございます。PCやスマートフォンのモニター等の画面環境により実物と多少の違いが生じることがございます。
※ひとつひとつ丁寧に仕立てておりますが、商品に欠陥があった場合のみ、交換・返品の対応をいたします。


LITSTA(リティスタ)について


[画像7: https://prtimes.jp/i/5826/155/resize/d5826-155-8c5e67277ce4dc5272c1-7.jpg ]

皮革素材に魅せられたというデザイナーの佐藤祐樹氏と、ディレクターの木村由香里氏が2010年にスタートさせたレザーブランド。アトリエは当初、 かつて伝統工芸職人の街だった東京・御徒町を現代の”ものづくり”の街にしようと生まれた話題の施設の一角からはじまり、現在アトリエは蔵前に移し、日々制作を続けている。ブランド名は「Life Is The Stage To Act(人生は演劇の舞台である)」の頭文字から。その言葉には「自分達のステージを最大限に愉しみながら作った作品で、多くの人の舞台をより素敵に彩りたい」という想いが込められている。
一見シンプルなデザインに、ハンドメイドならではの温もりと大人が楽しめる遊び心。さらに機能性をも兼ね備えたアイテムは、男女問わず幅広い層の心をつかんでいる。



職人・クリエイターの新商品開発を支援する購入型クラウドファンディング「STUNNING JAPAN 」(スタニングジャパン)について


[画像8: https://prtimes.jp/i/5826/155/resize/d5826-155-9b2f9a2f49c89aa6d9b1-3.png ]

https://fujimaki-select.com/category/CFTOP
「日本」をテーマにした珠玉の逸品のみのセレクトショップ「藤巻百貨店」が展開する、日本の職人・クリエイターとの新価値共創を目的とした購入型クラウドファンディング・プラットフォーム。
多くの職人・クリエイターは、投資時間やコスト面でのリスクがあることから、新商品の開発に消極的であり高い技術やアイデアを活かせない状態にあります。また、クラウドファンディングの活用では、既存プラットフォームのプロジェクト数の多さなどから埋もれる・ブランディング上の課題がある、といった点で積極的な取り組みができないという現実があります。
STUNNING JAPANでは、藤巻百貨店で培ってきた「価値魅力訴求型」の手法を活用して、もっと新商品開発に取り組みやすいプラットフォームを展開し、日本の一流の職人・クリエイターを支援してまいります。



藤巻百貨店(フジマキヒャッカテン)


[画像9: https://prtimes.jp/i/5826/155/resize/d5826-155-f6d3b83467a95b3f7415-4.jpg ]

https://fujimaki-select.com
株式会社caramo(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村亮)が運営。
伊勢丹の名物バイヤーとして知られていた故・藤巻幸大(ふじまきゆきお / 1960-2014)のプロデュースにより、“日本をテーマにしたこだわりの逸品のみを届けるECサイト”として2012年5月にオープン。
取り扱う商品は、高いデザイン性と使い勝手の良さを両立した「あっと驚く」オリジナリティ溢れる逸品。取引先は優れた職人やクリエイターなど520社、取り扱いアイテム数は2000アイテムにのぼり、厳選された日本の商品のみを扱うECサイトとしては、日本最大級規模。
主な顧客層は、「モノ」に対して関心が高く日々の暮らしにちょっとした豊かさを求める30代後半~50代の男女。現在Facebook会員は約24万人、メルマガ会員は約10万人となり、多くのファンに愛されている。2016年3月には初の実店舗を銀座(東急プラザ銀座B1階 / 東京都中央区銀座5-2-1)にオープン。

※取引先数・会員数は、2021年9月現在のもの



株式会社caramo(カラモ)


[画像10: https://prtimes.jp/i/5826/155/resize/d5826-155-ac0954cd24a514973f7e-5.jpg ]

http://www.caramo.jp
「藤巻百貨店」の運営会社。代表取締役社長である中村亮は故・藤巻幸大氏と共に藤巻百貨店を二人三脚で立ち上げ。「日々の暮らしにちょっとした豊かさを」をスローガンに掲げ、お客様の「新しい満足と価値」を創出していく。社名は「お客様からも、職人さんたちからも、世界中からも愛される会社を目指す」という自身のあり方から由来し、顧客満足度の高いサービス創りを目指して進化し続けていく。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング