【JAF宮城】セーフティトレーニングESCコースを開催

PR TIMES / 2014年11月14日 16時28分



 一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)宮城支部(吉岡博文支部長)は、11月8日(土)スポーツランドSUGOに於いて「セーフティトレーニングESCコース」を開催しました。(共催:日本自動車工業会、全日本交通安全協会)(後援:警察庁、国土交通省、宮城県警察本部)
 本講習会は、運転経験が一年以上のドライバーを対象に、安全運転にかかせない運転の基本操作である「走る・曲がる・止まる」「見る・判断する・操作する」を実際の運転を通じて再確認する講習会です。
 県内外のドライバー22名にご参加いただき、マイカーを使用して「運転の基本(運転姿勢等)」や「ストレートスラローム」、「ESC(横滑り防止装置)体験」等の運転技能の再確認を行いました。
 参加された受講者の方々にESCに関してのアンケートを行いましたが、今後の自動車購入の際には必ず考慮したいという方が大半でした。
 JAF宮城支部では今後も安全運転の重要性を広く社会に知っていただけるよう「体験型運転講習会」を開催していく予定です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング