アジアの子供の「将来就きたい仕事」に関する調査 日本の1位は男子「サッカー選手」、女子「パティシエ」

PR TIMES / 2015年1月5日 15時16分

‐ アデコグループがアジア太平洋地域8つの国・地域でアンケートを実施 ‐



日本の子供が就きたい仕事の1位は、男子が「サッカー選手」、女子が「パティシエ」
日本の男子・女子を併せた総合の1位は、昨年に続き「パティシエ」に
日本の女子が就きたい仕事の4位に「野球選手」がランクイン 女性のプロ野球ファン増加と関係?
日本の男子が就きたい仕事の5位は「エンジニア・プログラマー」 デジタルネイティブ世代を印象付ける
アジアでは「医者」と「先生」が人気の仕事に
タイでは、日本を含むアジア太平洋地域全体の中で唯一「軍人」がランキング入り

世界最大※1の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎健一郎、以下「アデコ」)と、アジア太平洋地域で事業を展開するアデコグループの7つの拠点(香港・台湾・韓国・シンガポール・マレーシア・タイ・ベトナム)は、子供を対象に「将来就きたい仕事」に関するアンケートを実施しました。

【アンケート結果の概要】

(1)日本の子供の「将来就きたい仕事」ランキング
日本の子供が就きたい仕事の1位は、男子が「サッカー選手」、女子が「パティシエ」となりました。サッカーは日本でもっとも人気のあるスポーツのひとつですが、2014年はFIFAワールドカップ ブラジル大会が開催された年でもあり、「サッカー選手」が男子の1位となりました。「サッカー選手」を選んだ男子は全体の12パーセントでした。女子の1位となった「パティシエ」は、16.8パーセントの女子が就きたい仕事に選び、2位以下に2倍以上の大きな差をつけました。

1位以外でもいくつか目を引く結果がありました。男子では「エンジニア/プログラマー」が5位に入りました。現代の子供にとってデジタルツールは幼いころより慣れ親しんでいるものであり、そういった環境がこの結果に表れていると考えられます。一方、女子では4位に「野球選手」が入りました。女性のプロ野球ファンの増加が近年大きな話題となっていますが、その現象の一端が表れている可能性があります。

日本の子供の「将来就きたい仕事」ランキング

(2)アジア太平洋地域7か国・地域の子供の「将来就きたい仕事」ランキング
アジア太平洋地域では、「医者」になりたいと答えた子供がもっとも多く、5つの国・地域で1位となりました。次に人気があった仕事は「先生」で、2つの国・地域で1位、4つの国・地域で2位となりました。日本では昨年に引き続き、「パティシエ」が男女総合での1位となりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング