BSIジャパン、FSSC22000(食品安全システム)認証を北海道日高乳業株式会社に授与

PR TIMES / 2013年1月17日 9時30分



 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 竹尾 直章、以下BSIジャパン)は、北海道日高乳業株式会社 (北海道沙流郡 代表取締役社長 櫻井 守、以下北海道日高乳業)にFSSC22000(食品安全システム)認証を授与しました。(認証登録日:2012年12月1日)


 FSSC22000は、Food Safety System Certification 22000の略であり、食品製造組織に向けた、新しい食品安全システムの規格です。EU食品・飲料産業連合(CIAA)の支援の元、FFSC (Foundation for Food Safety Certification)によって開発されました。FSSC22000は、2010年   2月、国際食品安全イニシアチブ(GFSI: Global Food Safety Initiative)(*1)により、食品安全の認証スキームの一つとして承認されました。GFSI承認のFSSC22000は、飲料メーカーや大手流通業者が、その取引条件として用いるなど、現在、最も大きな注目を集めている規格です。


 北海道日高乳業はFSSC22000認証を取得した事により、安全で高品質な食品の製造、供給に注力している企業である事が示されました。会社のブランド力・名声の強化や、食品安全のリスク軽減などの向上に大きく役立つ、国際的なステータスを取得したと言えます。


*1 国際食品安全イニシアチブ(GFSI: Global Food Safety Initiative)について
GFSIとは、消費者の信頼の強化の必要性を認識し、グローバルレベルで食品安全規格を統一し、フードサプライチェーン全体の費用効率向上などを目指し発足した、CIES フード・ビジネス・フォーラムが運営する非営利団体のこと。


北海道日高乳業株式会社 代表取締役社長 櫻井 守 様からのコメント
◆FSSC22000認証取得の目的
グループ会社である「南日本酪農協同株式会社」および「ニシラク乳業株式会社」が2012年1月に先行してFSSC22000認証を取得しており、グループとしての食品安全マネジメントシステムのハイレベルでの統一化が喫緊の課題でした。グループ内では、弊社のみが製造している「チーズ」および「飲用缶」ラインについて、安全・安心・良質な日高ブランドを全国展開していくための有効な手法と考え、認証取得(グ  ループとして事業所の追加)をいたしました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング