ミャンマーに現地法人ウェブクルー・インターナショナルを設立

PR TIMES / 2013年8月7日 16時32分

~日本企業の進出及び事業支援~

各 位
会社名 株式会社ウェブクルー
代表者名 代表取締役社長 青山 浩
(コード番号 8767 東証マザーズ)


ミャンマーに現地法人ウェブクルー・インターナショナルを設立
~日本企業の進出及び事業支援~

株式会社ウェブクルー(以下、「ウェブクルー」という。)は、日本企業の現地進出支援及び現地事業支援を行う目的にて現地法人ウェブクルー・インターナショナルを設立いたしました。

■ コンセプト
近年、規模の大小にかかわらずその企業活動及び成長の舞台を国内から海外に目を向ける日系企業が多くなってまいりました。特に日本からも距離が近く、また生活習慣、文化にも親しみのあるアジアについては注目度が高まり、進出を検討する企業も多くなっております。ただし残念なことに現地調査や展開戦略を十分検討することなく、安易な進出によりその機会がリスクに変わり、結果志半ばでアジア進出が困難と判断される場面も少なくはありません。特に中小企業の海外進出における進出調査及び現地サポートはいまだ十分とはいえず、積極的に国際展開を検討する企業様にとっては、海外進出が真剣なテーマであればあるほどそのプロセスに困難をみるケースがございます。特にこの数カ月マスコミ、メディアで注目を浴びる「アジア最後のフロンティア」と期待されるミャンマーにおいては可能性の大きさは感じるものの、いかほどの市場があるのか、また日本ビジネスの展開がそのままの形で可能なのか、またそのための法対応は、プロセスは、と不安材料も多くあります。

こうした中、私どもウェブクルーは昨年から海外事業部を新設、ミャンマーに現地入りし、各種事業の可能性及び販路調査を行っていまいりました。またその中でもすでに事業として開始をさせておりますが、その経験値を多くの企業様に共有させていただくべくこの度本格的に事業活動を開始させていただきます。すでに現地での事業許可及び法人登録も完了しており、単なる知識ではなく私どもの経験に裏付けされたアドバイスとサポートを行います。

具体的には、ミャンマー進出を考えている企業様に対し、「進出前」では、マーケット調査、現地視察アテンドなどを通して、海外進出のフィジビリティスタディをサポートするほか、工業団地やオフィスの選定、現地法人設立&ライセンス取得代行、現地マネージャー層の採用等、様々な各種アドバイスを行います。 また「進出後」は、バックオフィス業務のサポート(税務、労務、総務等)からオフィス環境サポート、取引先開拓&セールスサポート、現地スタッフの採用等、複雑な海外進出を「ワンストップ」でサポートしていきます。
またその対応には日本国内はもちろんのこと、ミャンマー現地においても日本人スタッフが常駐しそのサポート業務にあたりますので言語を含めたコミュニケーションにも心配はございません。私たちの強みである「現地力」をもって皆様のビジネス機会の拡大のサポートを進出検討時より共にできればと考えております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング