amazarashi、クリープハイプ、坂本慎太郎作品を手掛けるクリエイターが スペシャ主催のMVの祭典「MVR」とソーシャルスクールメディア「THE PUBLIC」のコラボ企画に参加!

PR TIMES / 2013年9月6日 16時45分

スペースシャワーTV主催のMVの祭典「MVR」とソーシャルスクールメディア「THE PUBLIC」のコラボ企画に、クリエイターの寒竹ゆり、松居大悟、山口保幸が参加する。



日本最大の音楽専門チャンネル・スペースシャワーTVが、2013年の上半期に発表された作品の中からアーティストや映像クリエイターにリスペクトの意を込めて、音楽性および作品性に優れたビデオクリップを紹介する企画「MUSIC VIDEO REVIEW」(以下、MVR)。
このMVRのプロジェクトの一環として、ミュージックビデオの作品性とミュージックビデオに関わるアーティスト・クリエイターをより広く世の中に伝えるためのイベント「MVRクリエイターズセッション」がソーシャルスクールメディア「THE PUBLIC」で開催されることが決定。MVRに選出された作品の中からamazarashi、クリープハイプ、坂本慎太郎の作品を手掛けたクリエイターを迎え、MV制作舞台裏やお互いの作品の話題を中心にトークセッションを行います。

「THE PUBLIC」で行われる講座はリアルな場で行われるものと併せ、全世界にライブストリーミング配信を実施しますので、オンライン上でも貴重な知識を共有することが可能となります。

-------------------------------
【概要】
MVRクリエイターズセッション
日程:2013年9月25日(水)
時間:20:00スタート (開場:19:40)
会場:2.5D (渋谷PARCO PART1 6F) http://2-5-d.jp/
受講料:無料 (但し、事前申し込みが必要)
定員:60名
出演者:寒竹ゆり、松居大悟、山口保幸
詳細:http://thepublic.jp/lectureDetail.php?id=80

<SESSION 1>
山口保幸
フリッパーズ・ギター、サニーデイ・サービス、カジヒデキ、ゆらゆら帝国、ケツメイシ、森山直太朗、サンボマスター、スピッツ、サカナクションなど200本を優に超えるミュージックビデオを手掛け、ミュージックビデオ創成期から第一線で活躍し続ける映像作家、山口保幸。ゆらゆら帝国時代からタッグを組む坂本慎太郎など、アーティストから信頼され、ジャンルも志向も様々なアーティストの世界観を解釈し映像化するその手法を、過去の作品を振り返りながら紐解く。
<SESSION 2>
寒竹ゆり×松居大悟
長編映画「天使の恋」の監督として知られ、広大な北国を舞台に親子の逃避行の物語を描いたミュージックビデオ、amazarashi「性善説」を手掛けた寒竹ゆり。同じく「アフロ田中」で長編映画監督デビュー、クリープハイプ「社会の窓」などバンドの一連のミュージックビデオを手掛け、斬新な手法で話題を呼んでいる松居大悟。2人の気鋭映画監督が考えるMVの作法とは?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング