商業施設特化型アプリパッケージ「FANSHIP for SC」を活用したテラスモール松戸ティザーアプリを提供開始

PR TIMES / 2019年8月28日 4時40分

10月の新規開業に合わせ本番アプリもスクラッチ開発支援

 株式会社アイリッジ(本社:東京都港区、代表取締役社長:小田 健太郎、東京証券取引所マザーズ:3917、以下「アイリッジ」)は、住商アーバン開発株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高野 稔彦、以下「住商アーバン開発」)が2019年9月20日(金)に提供を開始するスマートフォンアプリ「テラスモール松戸アプリ」を開発支援しました。



[画像: https://prtimes.jp/i/11255/158/resize/d11255-158-660441-0.png ]


 「テラスモール松戸アプリ」は、2019年10月25日(金)に新規開業する周辺エリア(テラスモール松戸から5km圏内)最大級のショッピングセンター「テラスモール松戸」(千葉県松戸市)の公式アプリです。施設には、エリア内唯一のシネマコンプレックス「ユナイテッド・シネマ」やエリア初出店となる大型総合フィットネスクラブ「東急スポーツオアシス松戸」、「TSUTAYA BOOKSTORE」などのテナントのほか、松戸が創業の地であるドラッグストア「マツモトキヨシ」などが出店します。また、市内にキャンパスがある聖徳大学と共同開発したキッズスペースなど、地域と共創したスペースも登場します。今回、施設開業に先駆け提供を開始するアプリは、施設をお得に利用するためのテラスモール松戸カード会員に先行登録ができるティザーアプリとなっています。

 10月の開業時にはポイントカード機能などを備えた本番アプリも提供開始予定で、事前告知アプリをダウンロードしたお客さまは、本番アプリ提供開始以降の起動で自動的にアップデートされます。

「テラスモール松戸ティザーアプリ(仮称)」について

・サービス提供開始日
 2019年9月20日(金)

・アプリ紹介ページ
  https://terracemall.com/matsudo/

・「テラスモール松戸カード」入会キャンペーン実施
 2019年9月20日(金)より入会金・年会費無料の「テラスモール松戸カード」入会キャンペーンを実施します。テラスモール松戸カードは、施設内の対象店舗でのお買い物・お食事110円(税込)につき、テラスモール松戸ポイント1ポイントを付与するポイントカードです。貯めたポイントは、1ポイント1円相当として施設内の対象店舗でご利用いただけます。
 カードは、物理カード不要のテラスモール松戸アプリのほか、クレジット機能付きの「テラスモール松戸カード(JCB)」、クレジット機能なしの「テラスモール松戸カード」もご用意しています。

・キャンペーン実施期間
2019年9月20日(金)~10月22日(火)まで

・特典
キャンペーン期間中に入会された方は内覧会(10月23日予定)にご招待いたします

・応募方法
テラスモール松戸アプリとクレジット機能付きの「テラスモール松戸カード(JCB)」については、公式HP( https://terracemall.com/matsudo/)よりお申込みいただけます。クレジット機能なしの「テラスモール松戸カード」については開業前に設置予定の特設ブースからのお申込みとなります。詳しくは公式HPをご参照ください。

FANSHIP for SC(ファンシップ フォー エスシー)とは
 「FANSHIP for SC」は、商業施設特化型アプリ開発・運用・販促サービスです。商業施設に最適なデザインと機能を備えたスマホアプリを低コストかつスピーディーに開発後、運用サポートや、商圏分析を元にした店舗集客・販売促進の提案までパッケージで提供します。分析・施策には、顧客を優良顧客化し売上・利益を最大化するファン育成プラットフォーム「FANSHIP」の機能を利用できます。
https://www.fanship.jp/for-sc

株式会社アイリッジ
 株式会社アイリッジは、「Tech Tomorrow:テクノロジーを活用して、昨日よりも便利な生活を創る。」という理念のもと、スマートフォンを活用した企業のO2O(Online to Offline)支援を軸に、フィンテック、不動産テック、VUI(音声インターフェース)等、幅広い領域で事業を展開しています。O2O支援ではアプリの企画・開発における業界トップクラスの実績に加え、アプリのマーケティング施策にも強みを持ち、ユーザーごとに結び付きの強さを判断し優良顧客へと育成するファン育成プラットフォーム「FANSHIP」を通じて、購買促進やCX改善の支援を行っています。
https://iridge.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング