ベーリンガーインゲルハイム、アジアでのアニマルヘルス事業構築で さらに前進

PR TIMES / 2013年8月27日 18時58分

・中国秦州市における最大級の動物薬製造工場の着工式 ・投資額5,800万ユーロ ・200の雇用機会を創出予定

2013年8月16日 中国/江蘇省秦州市、ドイツ/インゲルハイム
中国江蘇省秦州市のチャイナ・メディカル・シティと提携している研究開発主導型製薬会社のベーリンガーインゲルハイムは、このほど、チャイナ・メディカル・シティ(中国秦州市医薬ハイテク産業開発区)において動物用ワクチン製造工場の着工式をとり行いました。この共同事業への総投資額は5,800万ユーロで、完成すれば、アジア最大級の動物用ワクチン製造工場となります。建設完了予定は2015年6月で、約200の雇用機会が創出される予定です。

アニマルヘルス事業担当取締役のDr. ヨアヒム・ハーゼンマイヤーは次のように述べています。「中国は世界で最も重要なアニマルヘルス市場の一つです。このプロジェクトを機に、私たちは中国におけるワクチン事業の総合的なバリューチェーンを本格的に構築します。秦州市のチャイナ・メディカル・シティは、何よりも地理的に恵まれ、健全な投資環境が整っていると同時に優秀な人材が集まっており、ベーリンガーインゲルハイムの望む最適なビジネスパートナーと言えます。このプロジェクトは、私たちの中国に対する継続的な投資へのコミットメントを示すものです」。

ベーリンガーインゲルハイムは、アニマルヘルス分野で約60年の実績をもつ市場のリーディングカンパニーであり、豚用ワクチンにおける世界最大の企業です。今回の共同事業を通じ、ベーリンガーインゲルハイムは中国にアニマルヘルスの先端技術を導入し、中国におけるアニマルヘルス分野の発展促進に貢献していきます。また、この共同事業が中国の畜産分野のけん引役としてアニマルヘルス分野に高品質の革新的な科学的ソリューションをもたらすものと期待しています。この製造工場では主に、豚用および鶏用ワクチンを製造する予定です。

秦州市常任委員会メンバーでチャイナ・メディカル・シティの代表を務めるルゥ・チュンユイン(Lu Chunyun)は次のように述べています。「ベーリンガーインゲルハイムは世界のアニマルヘルス分野、なかでも豚用ワクチンにおいて、マーケットリーダー的役割を担っています。また、チャイナ・メディカル・シティは中国で唯一の国家レベルの医薬ハイテク産業開発区です。この両者の提携により、相乗効果が期待でき双方にプラスとなる状況が生まれると期待しています」。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング