イルチブレインヨガの「脳活性」で、仕事や家事もぐんと効率アップ

PR TIMES / 2013年2月19日 9時33分

東京・立川スタジオで「入会金半額」の8周年記念キャンペーン☆3月末まで

イルチブレインヨガを展開するダンワールドジャパンは3月末まで、東京都立川市のイルチブレインヨガ立川スタジオで、スタジオ開設から8周年を記念したキャンペーンを行います。キャンペーン中に入会すると、通常8000円の入会金が半額の4000円になるほか、人気の「腸セラピー」(10分)が無料になります。イルチブレインヨガは、脳活性によって仕事や家事の密度を濃くし、創造性や生産性を高めるエクササイズです。脳活性化ヨガ・プログラムで、何でもテキパキこなせる「できる脳」をゲットしませんか!?



■「仕事ができる人」って?
どの職場にも、手際の良い人っていますよね?10の仕事をするために他の人が10の時間をかけるのに、その半分の5の時間で済ませることができる。しかも、仕事の中身も丁寧で、ソツがない。そんな人はたいてい、脳の回転が速く、高い集中力をキープすることができます。仕事がスピーディーで効率が良いから、その分、ほかの人よりもリフレッシュする時間を確保することができます。しっかりと気分転換ができるため、生産性や集中力が落ちない。そんな好循環を自分で演出できる人が、いわゆる「仕事ができる人」なのです。

■「脳活性」がカギ
仕事も勉強も、そして家事も、大事なのは「量」より「質」。どれだけ時間をかけるかよりも、どれだけ能力をフルに使えるかがポイントです。そのカギを握るのが「脳」。脳が活性化された状態なのか、それとも、半分眠ったような状態なのか。それによって、成果は大きく異なります。一見、単純に見えるルーチンワークも、脳の本来の力をうまく活用することで、斬新な発想やクリエイティブなアイデアへと結びつけることができます。

■時間の密度を濃くする
よく「時間がない」「休みがとれない」と盛んに嘆く人がいますが、そういう人は、脳活性化によって時間の「密度」を濃くことを忘れている場合が多いです。脳の集中力を高め、潜在能力を引き出すことによって、同じ1分が何倍も価値の高いものになり得ます。それは家事や子育ても一緒。脳の使い方一つで、創造性や生産性はぐんとアップするのです。

■ヨガで脳を目覚めさせる
イルチブレインヨガは、体をバランス良く動かす体操や深い呼吸を通じて、脳を活性化させるエクササイズです。眠っている脳の神経細胞を目覚めさせ、潜在能力を存分に引き出します。ストレスで緊張していた脳や心がリラックスすることで、集中力とやる気が湧き起こり、仕事や家事の効率アップにつなげることができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング