資生堂、高級フレグランス事業を拡大 ボーテ プレステージ インターナショナルが「ザディグ エ ヴォルテール」と契約 新デザイナーズフレグランスを発売へ

PR TIMES / 2014年6月25日 10時28分

資生堂グループのフレグランスの企画・製造・販売を行う子会社 ボーテ プレステージ インターナショナル(以下BPI)は、フランスファッション界でニューウェーブのパイオニアとされる「ザディグ エ ヴォルテール」と15年間の独占契約を締結しました。今後は同ブランド名のフレグランスの企画・製造および販売を行います。
「ザディグ エ ヴォルテール」は、1997年にスタートしたフランスのファッションレーベルで、主なラインは「ザディグ エ ヴォルテール」と「ザディグ エ ヴォルテール デラックス」です。ブランド名はフランスの哲学者、ヴォルテールの小説「ザディッグ 又は 宿命」に触発されたものです。レディースウエアからスタートし、2004年からメンズ、2006年には子供服も展開しています。現在、日本を含む世界の約300の店舗で販売されています。
*「ザディグ エ ヴォルテール」 ブランドサイト http://www.zadig-et-voltaire.com/jp/

《BPI社長 レミー ゴメスのコメント 》
これまでBPIが培ったノウハウにより、時代を代表するトレンドを作り出す「ザディグ エ ヴォルテール」の魅力を十分に引き出すことができると思う。このブランドは、人の心を動かす力を持っており、香水の世界でも、非常に大きな可能性を秘めている。

《ザディグ エ ヴォルテール社長 ティエリー ゲイラーのコメント》
BPIが「ザディグ エ ヴォルテール」のためにフレグランスの開発を担当してくれることを心から歓迎している。両社が力を合わせることによって、その強みと才能そして熱意によって、独自の世界観を作り上げることができると確信している。

《BPIについて》
1990年に設立されたフレグランスの企画・製造・販売を行う資生堂の在仏100%子会社で、イッセイ ミヤケ(1992年)、ジャンポール ゴルチェ(1993年)、ナルシソ ロドリゲス(2003年)、エリー サーブ(2011年)等の有名デザイナー名を冠したフレグランスを世界112か国で展開しています。また2015年にはアズディン アライアの発売を予定しています。自社で企画・製造したフレグランスの卸売のほか、米国等ではエルメス(2010年)、フェラガモ(2013年)、バーバリー(2013年)などのフレグランスの販売受託事業も行っています。
社 名: ボーテ プレステージ インターナショナル(Beaute Prestige International S.A.)
本 社: フランス パリ
代表者: 代表取締役社長 レミー ゴメス(Remy Gomez, President & CEO)


▼ニュースリリース
http://www.shiseidogroup.jp/releimg/2308-j.pdf?rt_pr=tr157

▼ 資生堂グループ企業情報サイト
http://group.shiseido.co.jp/index.html?rt_pr=tr157

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング