【トリップアドバイザー】 世界最大規模の旅行動向調査「トリップバロメーター2013」を発表

PR TIMES / 2013年3月8日 12時14分

世界中の旅行者の50%が2013年の旅行予算を増やすことを計画、
世界の宿泊事業者の68%が2013年のビジネス採算を明るいと予測


世界最大の旅行口コミサイトTripAdvisor(R)(トリップアドバイザー、本社:マサチューセッツ州ニュートン、NASDAQ:TRIP、CEO:スティーブン・カウファー、日本語版サイト:http://www.tripadvisor.jp)は、全世界の宿泊事業者および旅行者を対象にした世界最大規模*の旅行市場動向調査「トリップバロメーター」を発表しました。

この調査は、トリップアドバイザーがエデルマン傘下の調査会社 StrategyOne に委託して、3万5000件を超える旅行者および宿泊事業者の双方からの回答をまとめたものです。
2013年の旅行業界の見通しに関しては、全世界で50%の旅行者が2013年の旅行予算を前年より増やすと前向きに回答しており、特にアフリカ(75%)、中東(75%)、南米(58%)からの旅行者でその比率が高くなっています。
また宿泊事業者側でも、世界平均で68%が、2013年のビジネスの採算を明るいと予測しており、特に北米(82%)、南米(77%)、アジア(72%)の事業者で、強気の予測が見られる結果となりました。
一方で日本の旅行者は、32%が予算を増やすと回答するにとどまりましたが、減らすと回答したのは16%で、据え置き(52%)もしくは増加という傾向が見られました。
日本の宿泊事業者も2013年のビジネスの採算に関して明るい見通しを示したのは21%にとどまり、49%が前年並みと回答しています。


【旅行者の回答】

■2013年の旅行予算を
「増やす」前年並み減らす
日本22%、アジア49%、グローバル平均50%
「前年並み」
日本52%、アジア39%、グローバル平均37%
「減らす」
日本16%、アジア12%、グローバル平均14%

【宿泊事業者の回答】

■2013年のビジネス見通し
「明るい」
日本21%、アジア72%、グローバル平均68%
「前年並み」
日本49%、アジア20%、グローバル平均21%
「暗い」
日本29%、アジア8%、グローバル平均10%

2013年の宿泊価格に関しては、世界的に前年比較で据え置きとする傾向となりました。特に日本では、75%が据え置きと回答しています。

【宿泊事業者の回答】

■2013年の宿泊価格
「値上げ傾向」
日本21%、アジア42%、グローバル平均40%
「据え置き」
日本75%、アジア51%、グローバル平均52%
「値下げ傾向」
日本3%、アジア4%、グローバル平均4%

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング