世界の旅行者の口コミが一冊の本に!? 世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」が、『死ぬまでに行きたい世界の仰天スポット100』を書籍で発表!

PR TIMES / 2013年7月25日 12時4分

中経出版

株式会社中経出版(東京都千代田区)は、2013年7月26日に新刊『1億件の口コミから選ぶ 死ぬまでに行きたい世界の仰天スポット100』を刊行します。




森の中に未確認物体発見! …えっ、これ、ホテルなの?


世界最大の旅行情報サイト「トリップアドバイザー」のメルマガ
「バケットリスト」が待望の書籍化!!

ホテルや観光名所などの口コミを1億件以上掲載する、世界最大の旅行情報サイト「トリップアドバイザー」。
同社が2012年7月から配信を開始し、人気を博しているメルマガ「バゲットリスト(死ぬまでにやっておきたいリスト)」が、
パワーアップして書籍になりました。

表紙を飾るのは、針葉樹の森の中に突如として現れる、ナゾの立方体。

おもわず、「ヤシマ作戦開始!!」と号令をかけそうになりますが、実はこれ、
スウェーデンにあるホテル。

周りをミラーで囲い、まるで光学迷彩を施したような外観です。
マジックミラーで覆われ、360度の風景を見られるそう。

さらに、冬に訪れると、樹海の中でオーロラを観測できるという「ごほうび」まで付きます。

こうした、「死ぬまでに一度は行きたい」世界のスポットをテーマ別に紹介。
思わず、机の奥で眠っていたパスポートを取り出し、有給休暇を上司に叩きつけたくなるはずです!


世界の旅行者の口コミ情報を、完全和訳で収録!


本書では、世界中の旅行者の口コミや投稿写真の中から、特にユニークなスポットをピックアップし、
実際に行った人々が寄せた、奇想天外なエピソードを合わせて紹介しています。

パズル・ツリーハウス・ゲームロッジ(南アフリカのホテル)
「宿でシャワーを浴びていたら、目の前をキリンが通り過ぎていきました!  Namibia71さん/ルクセンブルク」

マホ・ビーチ (オランダ領セントマーチン)
「(ビーチから飛行機が離陸する際は)エンジンからの風や砂がまともに見物人にあたり、大型機だと人が転がるほどの威力! 501-must-visitさん/大阪府」

ネルソン・ロックス吊橋(アメリカ合衆国)
「吊橋は、30cm間隔で厚板が並んでいます。
橋を渡るとき板と板の隙間をみると、すごい迫力ですよ! Krawnerさん/アメリカ」

ストックホルム地下鉄
「ストックホルム事態は魅力的な街とは言い難いけれど、地下鉄は実に素晴らしい! Anton Fさん/ウクライナ」


などなど、世界中の旅行者の生の口コミを約300件収録。
外国人が見た、日本のベスト観光地も必見です。


【目次】


1・世界のファンタジーなホテル
「キリンと目が合うサファリロッジ」「未確認物体さながらの近未来ホテル」「操縦できるクレーンがホテルに!?」など
   
2・世界の不思議なビーチ
「飛行機が着陸するビーチ」「マヤ遺跡のとなりにあるビーチ」「大瀑布にある命がけのプール」など
      
3・世界のパワースポット
「ネイティブアメリカンの聖地」「2500の仏塔が並ぶミャンマー遺跡」「世界の旅行者が感動する日本の墓地」など

4・世界の図書館
「SF映画のような図書館」「魔法の国の図書館」「日本の漫画がある豪州の図書館」など

5・世界の奇妙な博物館
「大真面目なUFO博物館」「歴史上の靴が集められた博物館」などのほか、日本が誇る珍博界のカリスマも…?

7・絶妙なバランスを保つ岩場
「落ちそうで落ちない、黄金の仏塔」「1000mの絶壁に挟まった巨石」「倒れそうで倒れない巨岩」など

8・世界の絶壁に立つ建物
「シンデレラ城のモチーフとなった城」「修行僧も滑落死する寺院」「断崖絶壁につくられた町」など

9・世界の徒歩吊り橋
「高低差300mの恐怖の吊橋」「エメラルドグリーンの川を吊り橋で渡る」「激流の真上にかかる吊橋」など

10・外国人に人気の日本のスポット
「トリップアドバイザー」上で、もっとも外国人に人気だったスポット・ベスト10を発表! あのスポットがアメリカ人を泣かせていた…


【著者紹介】


トリップアドバイザー

米国マサチューセッツ州ニュートンに本社を置く、世界最大の旅行情報サイト。世界各国のホテル、観光名所、レストランなどの口コミ情報や、予約ツールとシームレスにつながったプランニング機能を提供している。世界30か国でサイトを展開し、約2億人の月間ユニークユーザー数、口コミ件数は1億件以上を誇る。

http://www.tripadvisor.jp/


【商品情報】


著 者:トリップアドバイザー

定 価:780円

ページ数:256

判 型:文庫

初版発行:2013/7/26

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング