フリースケール、セムテック、日新システムズ、丸文が Wi-SUN Profile for ECHONET Lite対応システム・ソリューションを共同開発

PR TIMES / 2014年10月6日 11時1分

スマート・エネルギおよび家電制御の国際標準規格に対応する開発プラットフォームを提供

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ、以下 フリースケール)、セムテック・コーポレーション(日本支社:東京都品川区西五反田2-27-3、日本支社長:吉邑裕治、以下セムテック)、株式会社日新システムズ(本社:京都府京都市下京区堀川通綾小路下ル綾堀川町293-1、代表取締役社長&CEO:竹内嘉一、以下日新システムズ)、丸文株式会社(本社:東京都中央区日本橋大伝馬町8-1、代表取締役社長:水野象司、以下丸文)は、IoT向け国際通信規格である「Wi-SUN Profile for ECHONET Lite」のソリューションを共同開発したことを発表しました。

急速に成長しているモノのインターネット(IoT)市場において、その基盤となるコネクティビティ技術には堅牢な通信と低消費電力性能が必要とされ、このニーズを満たすためさまざまな新プロトコルの標準化と世界規模での利用が始まっています。このような背景の中、国内外の有力企業により、IEEE802.15.4g規格をベースに相互接続を有する無線通信規格の策定、普及を目的とした“Wi-SUNアライアンス”が設立されました。Wi-SUNアライアンスでは、宅内エネルギー管理アプリケーション用の標準通信規格「ECHONET Lite」向けの下位通信インタフェース規格として「Wi-SUN for ECHONET Lite Profile」を標準化しました。

本ソリューションは、フリースケールのKinetis(キネティス)マイクロコントローラ、Kinetisを使用した丸文のセンサ・フュージョン・ボード、セムテックの無線トランシーバ、および日新システムズのEW-WSNソフトウェア・スタックによって構成されており、「Wi-SUN Profile for ECHONET Lite」に対応しています。

フリースケールのKinetisマイクロコントローラは、ハードウェア/ソフトウェア互換性をもつARM Cortex(R)-M0+およびCortex-M4コアをベースとしたポートフォリオを有し、900品種を超える汎用組み込みおよびアプリケーション特化型の製品群によって構成されています。本ソリューションにおいても、お客様は、消費電力、多彩な機能、メモリサイズ、そしてパッケージ・オプションの様々なラインナップからアプリケーションに最適な製品を選択いただくことが可能です。マイクロコントローラ部門IoT & コネクティビティ・ディレクタのエマニュエル・サンビュイは次のように述べています。「日新システムズの最新のソフトウェア・スタック、セムテックの最先端RFトランシーバ、丸文のボード・ソリューションとの組み合わせによって、Kinetisは業界最高レベルの性能、コスト効率、Time-to-Market性が組合わさったソリューションを提供します。フリースケールは、この新しいソフトウェアとハードウェアのソリューションによって、国内のスマートメータ・インフラおよびスマート・エネルギの普及に貢献出来ることをたいへん喜ばしく思います。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング