確定申告も日々の経理もまとめて効率化!Wizが会計freee・人事労務freeeの販売を開始

PR TIMES / 2020年11月17日 19時15分

ー個人事業主から中規模法人まで対応、バックオフィスのリモート化が可能に!ー

株式会社Wiz(本社:東京都豊島区 、代表取締役社長:山崎 俊、以下「Wiz」)は、販売代理店として、経営状況が見える『クラウド会計ソフトfreee』(以下、「会計freee」)、定型的な労務管理を大幅に効率化させる『人事労務freee』の販売を開始しました。これらの導入により業務を一元化することで、業務の効率化と生産性向上を実現し、バックオフィス業務のリモート化をより加速してまいります。



[画像: https://prtimes.jp/i/16549/162/resize/d16549-162-694830-0.jpg ]



『会計freee』とは

だれでも使える・経営状況が見える、シェアNo.1クラウド会計ソフト(※1)です。
※1 シミラーウェブ、ローカルフォリオ調べ(2019年10月)

Point.1 クラウドだから便利
どこでも、何人でも、Macでも使用できるため、面倒な買い替え・更新作業が不要です。

Point.2 業務全体を効率化・経理を自動化
請求書発行・経費精算・入金管理・支払管理まで、経理に関わる業務を、会計freeeによって一元化が可能。記帳作業が大幅に自動化されるため、「自動で経理」を簡単に実現します。

Point.3 経営状況の見える化
売上利益の詳細分析など、見たいと思った瞬間に いつでも数字を確認できます。


『人事労務freee』とは

従業員情報を元に、勤怠管理・給与計算・年末調整・入退社手続きなどが実施できるクラウド人事労務ソフトです。

Point.1 定型的な労務管理を大幅に効率化させる機能が充実
給与計算・給与明細・勤怠管理・年末調整・従業員管理・有給休暇管理・法定三帳簿・マイナンバー管理・入退社管理・打刻・ワークフローなどの機能が揃っています。

Point.2 各種クラウドサービスとの連携
会計freeeをご利用の場合であれば、給与明細を作成すると、勘定科目の割り当てから仕訳まで自動で完了するため、さらなる業務効率化と生産性向上が見込めます。その他、他社勤怠ソフトやslackとの連携が可能です。

Point.3 安心のサポート体制
freeeの使い方から、業務のお悩みまで経験豊富なスタッフが、チャット・メール・お電話にてお答えします。


こんな人におすすめ

・バックオフィス業務をスムーズにしたい
・業務を効率的かつ正確に行いたい
・人件費の無駄を省きたい
・バックオフィス業務のリモート化を検討している


サービス販売開始の背景

テレワーク・リモートワークの普及が急速に進む中、様々な課題も浮き彫りになっています。MF KESSAI株式会社が4月に実施した「経理財務・会計担当者のテレワークの対応状況」に関する調査によると、半数が「テレワークを全く実施していない」と回答。月に1度以上の出社が必要である理由として「決算対応」「取引先への振り込み」「請求書の作成、押印、送付」などが挙げられています。(※)
Wizは、低価格で高品質な商品を厳選したIoT・ICT・クラウドサービスのオンラインセレクトショップ「Wiz cloud」などの運用を通して160種類以上のサービスを展開し、電話・インターネット環境やITツールなどテレワークに関連するサービスも多数取り扱っています。また、商材・業種に特化したメディアの運用やセミナーの開催を通して、企業のテレワーク・リモートワーク導入をサポートしています。
『会計freee』、『人事労務freee』を提供することで、業務の効率化と生産性向上を実現させ、バックオフィス業務のリモート化を推進します。

※出典 MF KESSAI株式会社:MF KESSAI、「経理財務・会計担当者のテレワークの対応状況」に関する調査を実施
https://corp.mfkessai.co.jp/press/2020/04/27/


お問い合わせ

以下のページよりお気軽にお問い合わせください。
https://012cloud.jp/item/freee


会社概要

会社名    :株式会社Wiz
本社所在地  :東京都豊島区南大塚2-25-15 South新大塚ビル12F
代表取締役社長:山崎 俊
事業内容   :Wiz cloud事業、ITプロダクト事業、新生活サポート事業、メディア運営事業、開店オンライン事業、保育サポート事業、nene事業、デジタルサイネージ事業、アプリプラット事業、DX承継事業、HRコンシェルジュ事業、パートナー事業
URL     : https://012grp.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング