1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【会社法務A2Z】最新の企業トレンドや法改正情報の解説を毎月お届け!9月号では、海外展開における法務担当者の役割や、改正意匠法における保護対象の登録例などを解説!

PR TIMES / 2021年8月31日 20時15分

押さえておくべき法令動向から、目まぐるしい状況変化に対応できる実務を解説した月刊誌!

法律関連出版物、各種データベースを提供する第一法規株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:田中 英弥)は、『会社法務A2Z 2021年9月号』を8月25日に発刊しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/59164/162/resize/d59164-162-5808be9828f1a759eaf8-0.jpg ]


【『会社法務A2Z』とは?】
企業の法務・総務を担当する皆様に、実務に役立つ情報を毎月お届けします。法令動向や企業の取組み事例、影響の大きい判例の解説など、様々な角度から法務の最新実務を取り上げています!

商品ページ
https://www.daiichihoki.co.jp/store/products/detail/104289.html
無料お試し読みはこちら(2021年9月24日まで)
https://daiichihoki.satori.site/houmu/a2z/202109/sumple_present.html

【『会社法務A2Z 2021年9月号』発売中!】

第1特集 事業の海外展開における法務担当者の役割
グローバル化が進展する中で、中小企業も海外企業との取引や提携に関わる機会が増えています。
しかし、契約の前提になる法律や商習慣が各国で異なることは留意しなければなりません。そのため、海外取引の契約書においては、紛争を未然に防ぐため詳細な規程を定めることがが一般的となっています。
本特集では上記の背景を踏まえ、海外取引の法的リスクを解説しています。

第2特集 改正意匠法 企業の“現在地”
デザイン経営推進の一環として2019年に意匠法が改正され、2020年4月1日に施行されました。改正により拡大された保護対象について、登録例などの最新情報を解説します。

[画像2: https://prtimes.jp/i/59164/162/resize/d59164-162-1ef9b3ffafec45865125-1.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/59164/162/resize/d59164-162-d6eab3d5ddb552210c44-2.png ]



《9月号目次》
■経営法談 management & law
人づくりを基点に徳島から世界へ ファインパーツの極みを発信する/西精工株式会社 代表取締役社長 西 泰宏

■法務の回覧板
■これから施行される、気になる法制度の動向をチェック! /弁護士 松本絢子・弁護士 平原将人・弁護士 河内谷あすみ(西村あさひ法律事務所)

■第1特集
事業の海外展開における法務担当者の役割
まずはここを押さえたい! 中小企業の海外展開における法務のポイント/弁護士 淵邊善彦
事業をアシストする法務であるために/アシュリオンジャパン・ホールディングス合同会社 CLO 中村 豊

■第2特集
改正意匠法 企業の“現在地”
知らなかったでは済まされない デザイン保護の環境変化─サービス業のみなさま、2020年施行の改正意匠法に対する備えは十分ですか?─/弁理士 大内秀治

■実務詳説
独占禁止法の実務が変わる「確約手続」の運用/弁護士 川島佑介

■中国巨大市場への挑戦
(1) 中国の市場としての無限の可能性/公認内部監査人 奥北秀嗣

■鷹の目と蟻の目
(1)「積水ハウス地面師詐欺事件」前編/警察大学校・博士 樋口晴彦

■DXをどう生かす?
(6) 行政手続の電子化への対応/デジタル社会形成整備法(上)─押印手続および書面手続の見直し/
弁護士 宮川賢司 
弁護士・Airbnb Lead Counsel 日本法務本部長 渡部友一郎

■おとなも意外と知らない法律のキホン
(15)先端技術と法律/
合同会社Art&Arts社長  山崎聡一郎
TMI総合法律事務所 弁護士 滝 琢磨

■法もハサミも使いよう~鐵丸先生直伝! 法務プロフェッショナルへの道~
(18) 企業活動を体系的・論理的に理解し、把握する(4) ~ヒトという経営資源を調達・運用・整理(廃棄)する~/弁護士・ニューヨーク州弁護士 畑中 鐵丸

■改正対応!「実務に役立つ」「対話で学ぶ」個人情報保護法の基礎
(16) 2020年改正を踏まえたプライバシーポリシーの改訂 1./弁護士 田中 浩之・弁護士 蔦 大輔・弁護士 北山 昇

■企業NOW
(23) 法務がハブとなることで法的問題だけでなく事業を円滑に進める~複業することでの本業への好影響~/企業法務Matching合同会社 代表社員CEO 久保智人

■「司法の小窓」から見た法と社会
(167) 採証法則違反による控訴審判決の破棄/弁護士・中央大学法科大学院フェロー 加藤新太郎


【商品概要】
商品名:『会社法務A2Z 2021年9月号』
編集:第一法規株式会社
単号価格:1,320円(本体:1,200円+税10%)
年間購読:13,200円(本体:12,000円+税10%)


商品ページ
https://www.daiichihoki.co.jp/store/products/detail/104289.html
無料お試し読みはこちら(2021年9月24日まで)
https://daiichihoki.satori.site/houmu/a2z/202109/sumple_present.html

弊社データベース『こんなときどうするネット 会社の法律Q&A』からも『会社法務A2Z』を閲覧できます。
https://www.daiichihoki.co.jp/netqa/index.html#ti3

発売元:第一法規株式会社

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング