「話題の「グリーンジュース」に必ず入れる“葉野菜”の栄養価は如何ほど?」microdiet.netレポート

PR TIMES / 2012年11月1日 11時47分



ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:西村峯満)は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート「話題の「グリーンジュース」に必ず入れる“葉野菜”の栄養価は如何ほど?」を公開致しました。

http://microdiet.net/diet/000325.html


今話題のグリーンジュースですが、(参考:愛好者急増中の「グリーンジュース」ってどんなもの?http://microdiet.net/diet/000318.html)これには必ず緑の葉野菜を1種類入れることがポイントであり、ルールとなっています。

葉野菜に共通する栄養素は、「クロロフィル (Chlorophyll)」です。クロロフィルは、植物の光合成を行う緑色の色素「葉緑素」のことで、葉が緑色に見えるのは葉緑素をたくさん含んでいるためです。

葉緑素は植物の成分ですが、人間の血液の赤い色素である「ヘモグロビン」とよく似た構造をしています。
葉緑素の中心元素はマグネシウムであるのに対し、ヘモグロビンは鉄です。

葉緑素と血液との大きな違いは、たったそれだけだと言われています。葉緑素は植物の血液と言ってもいいかもしれません。
葉緑素は人間の体内に入ると、有害な金属や臭い成分と結合・吸着し、体外へ排出させる働きがあります。

そのためデトックス作用や消臭作用が知られています。また、血中コレステロール値を下げる働きがあります。

強い抗酸化作用があり、遺伝子や細胞を健やかに保ち病気の発症を予防する働きもあるとされ、その効果が期待されています。


詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事
「話題の「グリーンジュース」に必ず入れる“葉野菜”の栄養価は如何ほど?」をご参照ください。
http://microdiet.net/diet/000325.html


■microdiet.netとは

microdiet.netは栄養学を専門に学んできた管理栄養士、数百名の方々のダイエットサポートを経験したスタッフの協力のもとに、正しい知識を知っていただくための情報を発信します。

また、国内・海外のダイエットに関連するニュース、独自でリサーチした結果を公開しております。

弊社ではこのサイトを通じて、ダイエットは自分の意識と工夫次第で結果が大きく違ってくる点、また自分自身の生活や健康についても、多くの方が考えるきっかけとなればと考えております。


■ダイエット食品『マイクロダイエット』について

「必要な栄養素をきちんと摂れば、摂取カロリーを抑えても健康を害さずにダイエットできる」というベリー・ロー・カロリー・ダイエット(VLCD)理論に基づいて、1983年に英国で開発されたダイエット食品が『マイクロダイエット』です。

通常の食事を『マイクロダイエット』に置き替えることにより、摂取カロリーを減らし、健康的なダイエットを目指します。
個人の生活や体質などが減量にはさまざまな影響を与えており、生活習慣の見直しが必要になります。

英国で開発された『マイクロダイエット』は世界41カ国での販売実績で、サニーヘルス(株)が日本で発売を始めたのは1989年、以来270万人以上の方々に利用されてきました。その間さまざまな研究が行われ、多くの専門機関でも利用されています。

『マイクロダイエット』は、ドリンク・リゾット&パスタ・シリアル・プレミアムなど全16種類ラインナップをご用意しています。

発売から23年間、多くのダイエットが流行しましたが、『マイクロダイエット』はずっと安全性、確実性が高いダイエットとしてロングセラーを続けております。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング