Hotels.com、「休暇中モバイルが手放せない国」Top3に日本がランクイン

PR TIMES / 2014年8月12日 16時5分

~Hotels.comの調査により、休暇中に携帯機器を最も手放せないのは アジアの国々であることが明らかに~



オンラインホテル予約サイト世界最大手のHotels.comが新たに発表した世界的な調査により、休暇の際に携帯機器を最も手放せないのはタイ人旅行者であることが判明しました。タイ人旅行者の大多数である85%が、大事な携帯機器を持たずに休暇に出ることを考えるだけで冷や汗が出ると回答しています。

休暇中のデジタル機器の使用に関して28ヵ国を対象に行なった今回の調査の結果、今もなお重要なテーマであるワークライフバランスを保ち休暇中に携帯機器のスイッチを切ることが最も難しい国が明らかになり、タイと僅差で2位にランクインしたのは韓国で、78%が携帯機器を持たずに休暇に出るのは困難だと回答しています。3位は日本で、同回答は69%でした。

日本人においては、38%が休暇中に携帯機器を長時間使い過ぎたことを帰宅後に後悔しています。77%が休暇中に仕事関係のメールをチェックしている一方で、69%が休暇を利用して仕事のことを忘れようとしていることを考えると、後悔するのも無理はないと言えます。しかし、ソーシャルメディアへのアクセスはどこにいてもとても重要であると考える日本人は42%にのぼり、携帯機器を手放せない理由は仕事だけではないようです。

Hotels.comの今回の調査により、日本人にとって重要な旅行アイテムのトップ10も明らかになりました。携帯電話・スマートフォンの重要度はとても高く2位にランクインした一方で、1位の座は海外旅行の必携アイテムであるパスポートに譲り渡し、日本人は依然として国内よりも海外での休暇を好むことが浮き彫りになりました。旅行ガイドは3位、日焼け止めは4位でしたが、デオドラントは最下位の10位という結果になり、日本人旅行者は最も重要な物を持参し、ちょっとした物は現地で調達しているようです。

また、休暇中の体験を誇張する傾向が最も強い国は中国で、67%が帰宅後に家族や友人に嘘をつくことがあると回答しました。僅差で2位につけたのは同回答64%のドイツで、3位の韓国は半数弱(48%)が他の人を感心させるために話を大きくすることがあるという結果になりました。日本はオランダと同位の9位で、36%が自分の旅行についてちょっとした嘘をつくことがあると回答しています。

Hotels.comのゾイ・チャンは、「セイシェルのビーチで寝そべっていようとカナダでスノーボードをしていようと、休暇は一歩立ち止まってリラックスする時間でなければなりません。スマートフォンは天気や地図のチェック等で休暇中も役立ちますが、メールをオフにすればとても重要なワークライフバランスを少し取り戻すことができ、旅行者にとってプラスになると思います。」と述べています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング