住宅用LED照明器具の品揃えを拡充、あかりの快適科学による一室複数灯提案を強化

PR TIMES / 2012年4月11日 18時28分



パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、住宅用LED照明器具の品揃えを拡充し、合計約490品番を2012年4月21日より順次発売します。これにより住宅用LED照明器具は合計約940品番となり、家一軒まるごとLEDによる省エネ提案がさらに充実します。また、「明るさ感」と「くつろぎ感」であかりの組み合わせを科学した心地よい一室複数灯「シンフォニーライティング」の提案を強化します。

-関連URL-
個人向け照明器具サイト:
http://sumai.panasonic.jp/lighting/
LED照明エバーレッズシリーズサイト:
http://www2.panasonic.biz/es/everleds/


今回発売する新製品には、当社独自のシンクロ調色、ワンコア(ひと粒)タイプ、新開発のラインタイプのLEDユニットやLED電球などを光源として活用。それぞれの光源の特性を活用し、お客様のご予算、ご要望に対応した幅広いラインアップで既存光源の置き換えや照明における新しい価値の提案を進めていきます。

さらにあかりの価値を客観的に伝えるために、「シンフォニーライティング」に基づいたあかりの組み合わせを科学的に分析。当社が開発した明るさ感指標「Feu」は、壁・床・天井という空間全体を見たときの「明るさ感」を数値化し、定量的に表現できます。目的別にあかりを配置して、この「明るさ感」を保つことで、必要以上に器具を設置することなく省エネができます。「くつろぎ感」については、あかりの違いによるくつろぎ感の変化を検証するために心理的・生理的実験を実施し、当社独自の「感性指標化技術(※1)」を適用して解析しました。心理的・生理的解析の結果、「シンフォニーライティング」によるあかりの空間はくつろぎ感がより高いという結果が出ました。
 
一室複数灯は、目的に合わせてあかりを配置し、切り替えることで、陰影による雰囲気のある空間になります。当社は、科学的にあかりを解析し、その解析結果に基づいて、趣味の時間、家族団欒の時間などそれぞれの生活シーンでの快適なあかりの組み合わせ「シンフォニーライティング」を提案していきます。
 
さらにWEBやカタログによる情報発信や、各ショウルームでのあかりのプロによる無料の配灯設計「あかりプラン」作成や新製品展示などにより、お客様とのコミュニケーションを強化。また「あかりプランナー」などの専門スタッフの開発・育成により提案力を強化し、LED照明による心地よい照明空間づくりをすすめていきます。

※1 感性指標化技術:心理学者ラッセルが提唱した感情モデル(快適感と覚醒感の2軸で表現)に基づいて、脳波関連の複数の生理指標から快適感・覚醒感を数値化し感情モデル上に配置することで、ユーザの感性(心理状態)を推定する技術

【お問い合わせ先】
報道関係者様:エコソリューションズ社 大阪広報チーム 勝川 電話:06-6909-7187(直通) 
お客様:お客様ご相談センター フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時~20時) 


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング