『JAFPLUS』プレゼント企画の抽選会を行いました。第1弾、第2弾あわせての応募数は610万超に!

PR TIMES / 2013年3月18日 17時2分



JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 小栗七生)は会員向けに発行している『JAFPLUS』で展開している「年末年始プレゼント祭り」の第2弾「春いちばん編」を1/2月合併号で企画し、そのプレゼント抽選会を3月7日にJAF本部(東京都港区)で開催しました。また、同プレゼント企画の一部は全国の8ブロックの地域別に取りそろえた賞品で展開しており、それぞれの地域でも抽選会を実施しました。 
当プレゼント企画は、全国のJAF会員優待施設をはじめ関係企業から総額1500万円もの賞品を協賛いただき、12月号と1/2月号の2回開催しましたが、その応募数は合計で613万2932件にものぼりました。
 『JAFPLUS』は、機関誌『JAFMate』と同梱して全国約1150万人のJAF個人会員の自宅にお届けしており、協賛企業にとって新商品やサービスの紹介を行う広告媒体として魅力的なものとなっています。さらに、JAFでは、会員が各プレゼント賞品へ応募する際に賞品(商品)に対するアンケートを実施しており、この結果を各協賛企業へフィードバックすることでマーケティングや商品開発の参考としていただいています。
 抽選会には協賛企業の方にも参加いただき、当選者の抽選を行いました。抽選会は参加いただいた各企業同士が業種を超えた繋がりを持つことができるビジネスマッチングの場ともなっており、関心を集めています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング