【GATSBY公式】おもしろ動画サイト『GAPBY!』スタート!2016年12月31日(土)まで作品を募集中!~学生のみんなに宿題! 日常に潜むおもしろギャップを世界に発信!~

PR TIMES / 2016年11月1日 16時20分

学生向けおもしろ動画投稿サイト『GAPBY!』を開設!2016年12月31日(土)までおもしろギャップ動画受付中

マンダムでは、今年で第11回目を迎える学生向け映像コンテスト「GATSBY CREATIVE AWARDS」の中に、新しく動画投稿サイト『GAPBY!(ギャップビー!)』を立ち上げました。『GAPBY!』は「ギャップ×GATSBY」からの造語で、学生たちが日常生活に潜むおもしろギャップ動画をSNSで簡単に投稿し、みんなでシェアして楽しめる企画です。おもしろいものはシェアしたい、共感して欲しいという学生たちの欲求を満たす場として、気軽に楽しんでいただきたいという想いを込めています。インドネシア・日本・韓国・モンゴルの学生を対象に、2016年12月31日(土)まで応募受付中です。




[画像1: http://prtimes.jp/i/6496/164/resize/d6496-164-821467-0.jpg ]

『GAPBY!』サイト   http://award.gatsby.jp/11/gapby/jp/

マンダム(本社:大阪市 社長執行役員:西村元延)では、今年で第11回目を迎えるイベント「GATSBY CREATIVE AWARDS」( http://award.gatsby.jp/11/jp/)の中に、新しく動画投稿サイト『GAPBY!』( http://award.gatsby.jp/11/gapby/jp/)を立ち上げました。

■『GAPBY!(ギャップビー!)』とは
「ギャップ×GATSBY」で名づけた、日常に潜むさまざまな「ギャップ」を投稿・視聴するための学生をターゲットとしたギャツビー公式おもしろ動画サイトです。
初年度である2016年は、インドネシア・日本・韓国・モンゴルの4ヶ国で実施いたします。何気ない日常生活において何かを変えることで生じる「ギャップ」の面白みを楽しんでいただく企画です。ターゲットである学生達は常日頃から動画に触れており、またその世代の特徴であるおもしろいものはシェアしたい、共感してほしいという欲求を満たす場として、気軽に楽しんでいただきたいという想いを込めております。

■『GAPBY!』応募要項
Instagram、Twitter、YouTubeにハッシュタグ「#GAPBY」をつけて投稿してください。
その後事務局が投稿を収集して順次『GAPBY!』サイトにアップします。

主催
◇主催:株式会社マンダム
◇制作:株式会社PMA、ハッケヨイ製作所、Sando、プランクスタークリエイション、rm creative

テーマ
ギャップ動画
 予想外のストーリー展開や、見た目を裏切るまさかの動きなど、「ギャップ」をテーマにした動画作品。

応募資格
インドネシア・日本・韓国・モンゴルの高校・専門学校・短大・大学・大学院に在席している学生(国籍不問)

審査方法
2016年12月31日(土)までに投稿された動画作品の「いいね」数及びリツイート数を参考にしながら、「GAPBY!運営事務局」にて審査し、最優秀作品1作品を選出。
[画像2: http://prtimes.jp/i/6496/164/resize/d6496-164-518134-1.jpg ]


賞品
オリジナル賞品


スケジュール
2016年10月27日(木) サイトOPEN
2016年12月31日(土) 受付終了
2017年 1月28日(土) 授賞式(東京・原宿)

詳しくは公式ホームページ『GAPBY!』でご確認ください。
http://award.gatsby.jp/11/gapby/jp/

■「GATSBY CREATIVE AWARDS」とは
昨今の動画ブームに大きく先駆けて2006年から10年間開催してきた「GATSBY学生CM大賞」は、もっと広い創造の場になることを目的に、2016年、「GATSBY CREATIVE AWARDS」へと生まれ変わりました。「GATSBY学生CM大賞」はギャツビーを題材とした学生のためのCM映像コンテストで、昨年第10回では1,559作品の応募をいただいており、アジア最大級の学生のためのCMコンテストへと成長しています。映像クリエーターを目指す学生のみならず、動画初心者の学生も気軽に参加できます。最終審査会では審査員が作品を評価するとともに、学生たちにやさしく、熱くアドバイスし、続く授賞式は、毎年多くの感動とともに幕を閉じます。「ギャツビー」は商品を提供するだけでなく、世界の若者の夢や自己実現の機会を提供・サポートすることもブランドのミッションだと考えています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング