【スーツに関するアンケート調査】スーツの所有数は「2~3着」「4~5着」がボリュームゾーン。スーツを着る場面は「法事・お葬式」「結婚式」「仕事」「学校行事や祝い事」など

PR TIMES / 2014年9月10日 9時15分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『スーツ』に関するインターネット調査を2014年8月1日~5日に実施し、10,212件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/19317/

──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■スーツ所有数は「2~3着」「4~5着」がボリュームゾーン。スーツを着る場面は「法事、お葬式等」「結婚式」「仕事」「入学式・卒業式、七五三等の行事や祝い事」などが上位。男性20~40代では「仕事」が1位
■店頭でスーツを購入する際、店員に相談する人は購入者の6割強。男性は7割強で、年代が低いほど多い傾向
───────────────────────────────────────────



◆スーツの所有数、着る場面
スーツの所有者は9割弱、10代では4割と少なくなっています。所有数は、「2~3着」が39.7%、「4~5着」が20.5%でボリュームゾーンです。男性や20代以降年代が上がるほど、所有数は多い傾向です。

スーツを着る場面を聞いたところ、「法事、お葬式等」(69.3%)や「結婚式」「仕事」「入学式・卒業式、七五三等の行事やお祝いごと」などが上位にあがっています。男性20~40代では、「仕事」が1位です。女性は、「法事、お葬式等」に次いで、「入学式・卒業式、七五三等の行事やお祝いごと」「仕事」「結婚式」の順で多くなっています。「就職活動」は男性10・20代や女性10~30代、「入学式・卒業式、七五三等の行事やお祝いごと」は10代と女性40代以上で多くみられます。「法事、お葬式等」は年代が高いほど多い傾向です。


◆スーツの購入場所、購入するタイミング
スーツの購入場所は、「スーツ量販店」「デパート」「大型スーパー」が各3~4割でトップ3です。女性30代以上では、「デパート」「大型スーパー」「ショッピングモール、ショッピングセンター」の順で多くなっています。

スーツを購入するタイミングは、「着ているものが着られなくなった」(56.0%)が最も多く、「用途にあわせて必要になった」「着ているものが流行遅れになった」が続きます。「着ているものが着られなくなった」は男性40代以上で7割弱にのぼります。「用途にあわせて必要になった」は、男性2割弱、女性4割強と差が大きくなっています。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング