『第11回 ダスキン 大掃除に関する意識・実態調査』

PR TIMES / 2015年10月1日 10時48分

全国20歳以上の男女 計4,160人に聞きました

株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:山村 輝治)は、全国の20歳以上の男女計4,160人を対象に、2014年末の大掃除の実態をインターネット調査しました。この調査は2005年から開始し、今回で11回目を迎えます。

2014年末の大掃除実施率は58%で、そのうち44.5%が「気持ちよく新年を迎えたいから」を実施理由に挙げました。一方、大掃除をしなかった理由は「時間がなかった」が最も多く、中でも「仕事」によって掃除の時間が取れなかった人が多いようです。
大掃除を実施する日数は、男性は計画通りに「1日」で、女性は体力的な負担を軽減するために「3日」で大掃除を実施する人が多い結果となりました。
また、大掃除で最も精力的に掃除したにも関わらず、最も苦戦した場所は、6年連続で「レンジフード・換気扇」でした。その影響もあってか、レンジフードの掃除に苦戦した20代女性の86%は「プロに依頼したい」と回答するなど、掃除代行サービスを上手に利用することが、2015年末の大掃除成功の鍵と言えそうです。

<大掃除に関する調査TOPICS>
1.2014年末の大掃除実態と掃除の理由
・実施率は58%。理由は「気持ちよく新年を迎えたいから」が44.5%で最多
・「仕事」で掃除の時間が取れなかった人が多数。2015年末は洗剤や道具など事前準備を
2.大掃除に費やした日数とその理由
・大掃除は「1日」が最多。3日以内で大掃除を済ませる人が7割
・男性は計画通りに「1日」で、女性は体力の負担軽減のために「3日」に分散
3.大掃除で最も苦戦した場所と対策
・最も頑張ったのに最も苦戦した場所は6年連続「レンジフード・換気扇」
・「プロに依頼したい」人は男女共に20~30代が70%以上。代行サービス利用が成功の鍵!?
4.いっそのこと“大掃除”してしまいたい事

※この他にも大掃除に関する資料がございますのでお気軽にお問い合わせください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング