ベトナムの中学校10校へ太陽光発電システムを贈呈

PR TIMES / 2014年4月15日 15時22分

イオンは子どもたちの環境学習を応援しています

公益財団法人イオン環境財団(理事長 岡田卓也 イオン株式会社名誉会長相談役、以下 当財団)は、ベトナム社会主義共和国(以下 ベトナム)の中学校10校へ太陽光発電設備を贈呈します。4月23日(水)には、ホーチミン市のTan Nhut(タンニャット)中学校において贈呈式を開催します。

環境とエネルギーが世界的課題となる中、当財団は環境にやさしいエネルギー活用の啓発と普及を目的に、当財団設立20周年記念事業として2009年よりこれまでに、日本の中学校15校へ太陽光発電設備を贈呈しています。昨年は、海外でも再生可能エネルギーを通じて環境への理解を深めていただきたいとの想いから、マレーシアの中学校10校へ贈呈しました。

本年は、ASEANでは2カ国目となるベトナムの中学校へ太陽光発電設備を贈呈します。同国は、経済発展に伴う急速な電力需要の伸びにより、その不足が深刻な課題となっている一方で、日射量が多く太陽光発電に適した土地柄でもあります。

当財団は、同国の恵まれた再生可能エネルギー資源の啓発・普及を通じて、環境への意識を高めていただくため、このたび太陽光発電設備を贈呈することとなりました。

このほか、同国において当財団は、日本、ベトナム両国のボランティアの方々とともに、2010年から2012年にフエ省、本年よりハノイ近郊において植樹活動に取り組んでいます。また、環境についてグローバルな視点で話し合う当財団主催「アジア学生交流環境フォーラム」では、ベトナム国家大学ハノイ校の学生がメンバーとしてアジア各国の大学生と活発な意見交換を行っています。

当財団は、水と緑の地球を未来の子どもたちに伝えるため、これからもさまざまな環境保全活動に取り組んでまいります。

【贈呈式について】
1.日時:
 4月23日(水)9:00~10:30

2.贈呈先:
 Tan Nhut中学校(E10/207 B, Nguyen Dinh Kien Street, 7 Hamlet, Tan Nhut Village, Binh Chanh District)

3.贈呈元:
 公益財団法人イオン環境財団

4.主な出席者(予定):
 ホーチミン市人民委員会 ご関係者様
 在ホーチミン日本国総領事館首席領事  矢ヶ部 義則 様
 イオン株式会社執行役グループ環境最高責任者 石塚 幸男
 AEON VIETNAM CO., LTD 社長 西峠 泰男
 AEON MALL VIETNAM CO., LTD.代表 小西 幸夫
 ACS TRADING VIETNAM CO., LTD.社長 田中 秀夫
 AEON DELIGHT (VIETNAM) CO., LTD.社長 磯貝 孝幸

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング