請求管理ロボ、GMOあおぞらネット銀行口座における入金明細を自動で取り込みへ!

PR TIMES / 2020年10月15日 19時15分

請求・債権管理業務を「ラク」に「かしこく」、請求業務の自動化を実現するクラウドサービス『請求管理ロボ』を運営する株式会社ROBOT PAYMENT(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:清久 健也)は、GMOあおぞらネット銀行口座における入金明細データの自動取り込みに対応することをお知らせいたします。
請求管理ロボでは、口座入金明細の自動取得を強化することで、請求書払いにおける煩雑な入金管理・消込処理の効率化に貢献していきます。




[画像1: https://prtimes.jp/i/1047/166/resize/d1047-166-681032-0.png ]



概要


GMOあおぞらネット銀行をご利用されるユーザーは、同行口座の入金明細を請求管理ロボに自動で取得することが可能になります。
これにより、請求管理ロボ上で、請求書の発行から、銀行振込での請求における入金明細の取得、入金消込(請求書と入金の照合)といった一連の流れを完全自動化で対応することが可能になります。

[画像2: https://prtimes.jp/i/1047/166/resize/d1047-166-921991-1.png ]

<メリット>
・GMOあおぞらネット銀行口座の入金明細を正確かつ安全に取得できます

・入金明細の自動取得により、入金後の自動消込も合わせて、売掛金管理の状況が日々更新されます



請求管理ロボと各金融機関の連携について


入金明細の自動取得について、請求管理ロボでは現在以下の金融機関の口座に対応しております。

・みずほ銀行
・三井住友銀行
・りそな銀行
・GMOあおぞらネット銀行 ←今回追加

上記以外の金融機関の口座につきましては、全国銀行データ通信システム(全銀データ)を利用いただくことで、請求管理ロボに入金情報の連携が可能です。
(なお、今回の請求管理ロボとGMOあおぞらネット銀行のAPI連携は、アスタリスト社のiPaaSサービス「ActRecipe」( https://www.actrecipe.com/)を利用したものになります。)

請求管理ロボは、今後も各金融機関との連携を進め、お客様にとって使いやすいサービスを目指してまいります。



請求・債権管理業務を楽にかしこく 請求管理ロボ


「請求管理ロボ」は、今までエクセルと手作業で行っていた、請求・集金・消込・催促といった作業を全て自動化し、請求業務の大幅削減を実現するクラウドサービスです。請求書の自動発行や自動送付をはじめ、クレジットカード決済・口座振替・銀行振込といった多彩な決済手段を活用した代金回収を行うことが可能となっており、さらには発行した請求書と入金情報の照合である消込作業の自動化まで実現しています。

[画像3: https://prtimes.jp/i/1047/166/resize/d1047-166-752667-2.png ]


またSFA/CRMや会計ソフトとのデータ連携を強みとしており、契約から会計までのお金にかかわる業務を一気通貫に扱うことができるのも特徴です。

・請求管理ロボはこちら
http://go.robotpayment.co.jp/robo/prtimes/



会社概要


社名 :株式会社ROBOT PAYMENT
所在地:東京都渋谷区神宮前6-19-20 第15荒井ビル4F
設立 :2000年10月
資本金:100,000,000円
代表 :代表取締役 清久 健也
URL : https://www.robotpayment.co.jp/
サービス:
・請求管理ロボ http://go.robotpayment.co.jp/robo/prtimes/
・インターネット決済代行サービス http://go.robotpayment.co.jp/card/prtimes/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング