納豆固有の酵素「ナットウキナーゼ」の健康パワーとは microdiet.netレポート

PR TIMES / 2012年11月22日 16時35分

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:西村峯満)は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート「納豆固有の酵素「ナットウキナーゼ」の健康パワーとは」を公開致しました。

http://microdiet.net/diet/000329.html



粘りと特有のにおいを持つ納豆は、好き嫌いが大きく分かれる食べ物の代表格。
しかし高い栄養価を持つ体に良い食品として、納豆嫌いの人にまで一般的に広く認知されており、最近は欧米でも納豆の健康効果が注目されています。

高栄養価の大豆を発酵させ作られている納豆は大豆の栄養成分がそのまま含まれ、しかも納豆へと変わるに当たり、健康効果は更にパワーアップします。

1 体への吸収率がアップ!

納豆は加熱した大豆に納豆菌を植え付けて作られ、その発酵過程で酵素が産生されます。納豆にはタンパク質を分解する酵素が大量に含まれているため消化吸収率が良くなり、大豆(加熱)のままだと65%程度ですが、納豆に加工すると80%以上に吸収率が高まります。

2 ビタミンKの量が大幅に上昇!

脂溶性の「ビタミンK」は、大豆から納豆になると大幅に含有量が上昇します。
ビタミンK1、K2があり、そのいずれにも血液を凝固させる(止血)作用、カルシウムを骨に定着させる作用=骨粗鬆症の予防などがあります。

ビタミンK1が野菜や海草類に多く含まれているのに対し、ビタミンK2は、微生物が作り出すビタミンで、納豆やチーズ、ヨーグルトなど発酵食品に多く含まれます。

3 納豆固有の酵素「ナットウキナーゼ」

「ナットウキナーゼ」は、強力な血栓融解作用(血液サラサラ効果)を持つ酵素で、納豆のネバネバ部分に存在しています。市販の納豆1パックを食べれば、1日の必要量のほとんどを摂取することができます。
動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞など多くの血栓性疾患の治療・予防が期待されています


詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事
「納豆固有の酵素『ナットウキナーゼ』の健康パワーとは」をご参照ください。

http://microdiet.net/diet/000329.html


■microdiet.netとは

microdiet.netは栄養学を専門に学んできた管理栄養士、数百名の方々のダイエットサポートを経験したスタッフの協力のもとに、正しい知識を知っていただくための情報を発信します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング