日本株ファンド、米国株と欧州株のブルファンド、日本債券ベアファンドなど 7 ファンドの販売開始のお知らせ

PR TIMES / 2014年3月20日 14時17分

 ソニー銀行株式会社(代表取締役社長:石井 茂/本社:東京都千代田区/以下 ソニー銀行)は、3月20日(木)より、新たに7ファンドを取り扱い投資信託に加え、販売を開始しますのでお知らせいたします。

 今回販売を開始するファンドは、2014年より算出開始された新株価指数「JPX日経インデックス400」への連動を目指すインデックスファンド、日本経済の活力に期待するアクティブファンド、日・米・欧それぞれの株式市場を対象とする2.5倍ブル型ファンド、ソニー銀行初となる日本債券を対象とする5倍ベア型ファンドと、多彩なファンドを取り揃えました。

 ソニー銀行は、お客さまの多様な資産運用ニーズにお応えするため、引き続き投資信託の商品ラインアップを強化してまいります。


取り扱いを開始するファンドの概要 (ソニー銀行の取り扱いファンド数合計:33社124本)

◇ SMT JPX 日経インデックス 400・オープン
JPX 日経インデックス 400(配当込み)に連動する投資成果を目指します。決算は年 2 回。
運用会社:三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社

◇ JPM ジャパンマイスター
日本株式を対象に、時価総額にこだわらず、成長性があり、かつ株価が割安と判断される銘柄を中心に選定して投資します。決算は年1回。
運用会社:JP モルガン・アセット・マネジメント株式会社

◇ ひふみプラス
国内外の株式を対象に、市場価値が割安と考えられる銘柄を選別して長期的に投資します。また、株式の組入比率を柔軟に変化させて運用します。決算は年1回。
運用会社:レオス・キャピタルワークス株式会社

◇ YOURMIRAI 日本株マキシマム・ブル
主として日経平均株価を対象とした先物取引を利用し、わが国の株式市場の日々の値動きの概ね 2.5 倍程度となる投資成果を目指します。決算は年 1 回。
運用会社:三井住友アセットマネジメント株式会社

◇ YOURMIRAI 米国株マキシマム・ブル
主としてダウ・ジョーンズ工業株価平均を対象とした先物取引を利用し、米国の株式市場の日々の値動きの概ね 2.5 倍程度となる投資成果を目指します。外貨建資産については原則として対円での為替ヘッジを行います。決算は年1回。
運用会社:三井住友アセットマネジメント株式会社

◇ YOURMIRAI 欧州株マキシマム・ブル
主としてユーロ・ストックス 50 インデックスを対象とした先物取引を利用し、欧州の株式市場の日々の値動きの概ね 2.5 倍程度となる投資成果を目指します。外貨建資産については原則として対円での為替ヘッジを行います。決算は年 1 回。
運用会社:三井住友アセットマネジメント株式会社

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング