『高齢者の大掃除および実家の大掃除に関する意識・実態について』

PR TIMES / 2015年10月15日 11時8分

~第11回 ダスキン 大掃除に関する意識・実態調査より~

株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:山村 輝治)は、全国の20歳以上の男女計4,160人〔うち高齢者(65歳以上)441人〕を対象に、2014年末の大掃除の実態をインターネット調査しました。


その結果、高齢者の2014年末の大掃除実施率は54.8%でしたが、家族(配偶者や子、孫など)と同居している高齢者の実施率が58.6%であるのに対し、単身の高齢者は30.5%で、同居の場合と比べて約半数であることが分かりました。体力的な負担をサポートできる同居家族の有無が、高齢者の大掃除実施に大きく影響していることがうかがえます。
また、親と同居していない既婚者を対象に、実家の大掃除を手伝った経験を聞いてみると、37.7%が「自分の実家の大掃除を手伝ったことがある」と答えました。一方、配偶者の実家の大掃除を手伝ったことがある人は18.4%に留まり、自分の実家の手伝いよりも気疲れすることがその一因のようです。
大掃除では、つい汚れを落とすことに夢中になってしまいがちですが、高齢者が大掃除を実施する際は安全確保が第一です。とくに高所の掃除では足場のしっかりした台や脚立を選び、片手は固定された家具に掴まるなど、バランスを崩さないように注意しましょう。
※本リリースにおいては、 65歳以上の方を「高齢者」としています。

<大掃除に関する調査TOPICS>
1.2014年末のシニアの大掃除実態
・単身高齢者の大掃除実施率は30.5%。家族と同居する高齢者の約半数
・同居家族の有無が大掃除実施に影響。単身高齢者は体力的負担を感じやすい?
2.実家の大掃除を手伝った経験
・配偶者の実家の大掃除を親と別居の既婚者の18.4%が経験。浴室掃除は義理の息子&娘には頼み辛い?
・実家と比べて配偶者の実家の大掃除は気疲れの連続!?実家の大掃除で大変だったこと。

※この他にも大掃除に関する資料がございますので、お気軽にお問い合わせください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング