1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

favyが飲食店運営を効率化するRaaS構想をスタート。複数企業の飲食業界向けサービスを連携させ、飲食店をDX化。

PR TIMES / 2021年10月4日 12時15分

~第一弾はトレタと共同で「横丁再生」に挑戦~

外食DXを推進する株式会社favy(代表取締役社長:高梨 巧、本社:東京都新宿区、以下favy)は、飲食業界向けの複数のデジタルツールを統合させ、質の高い店舗DXを提供するRaaS(レストラン・アズ・ア・サービス)構想に挑戦することを発表いたします。
RaaS構想の第一弾として、予約システム等を通じて外食DXを推進する株式会社トレタ(代表取締役社長:中村仁、本社:東京都品川区)と弊社のデジタルツール・システムを連携させ、飲食店へのサービス提供を開始いたします。
飲食店の店舗情報やメニュー、そしてお客様のデータ等、これまで複数の企業が提供するサービスごとに保持されていたデータを統合することで、飲食店の経営を効率化し、より高度なDX導入できるようにサービスを提供いたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/16506/167/resize/d16506-167-01363edc27db5fee5514-0.png ]


■favyのRaaS構想の背景
これまで飲食店運営において、レストランテック各社が提供しているシステムのデータは統合できておらず、非効率的な状況でした。
favyでは、自社店舗での実体験や顧客店舗へのツール導入支援を通して、レストランテック各社のシステムを統合することで、飲食店のDX導入の効果を高められると考えました。
飲食DXを牽引する企業として、店舗ごとに一気通貫してシステムを提供するRaaS構想へと挑戦いたします。
自社のツールと他社のツールを連携させ、飲食店の店舗情報やメニュー、そしてユーザーデータ等の統合を目指します。
今回、弊社のRaaS構想に共感していただいた株式会社トレタ様と弊社のシステムを連携し、飲食店へ提供を開始いたします。
現在、第一弾の取り組みとして、全国の倒産した横丁の復活・再生をする「横丁リブート計画」にて、飲食店の見込顧客や常連客を管理する「favyサブスク」と飲食店向け予約/顧客台帳サービス「トレタ(R)」をはじめ、店内モバイルオーダー「トレタO/X」や、飲食店の電話予約をAIで自動受付する「トレタ予約番」をカスタマイズし、実装を行います。


■RaaS構想に挑戦していただける企業様を募集します
まだまだレストランテックや外食DXを実現するためには、このシステムだけでは足りないと考えております。RaaS構想へ一緒に挑戦していただける企業様を募集いたします。RaaS構想に興味があるという企業様や、一度話を聞いてみたいという企業様は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

株式会社favy
シェア型飲食店プロジェクト事務局
担当 真島・河合
[mail] chef.coworking@favy.co.jp
[Tel] 050-1746-3240
[営業時間]平日10時~18時
※土日祝、当社指定休業日を除く


■会社概要
会社名:株式会社トレタ
所在地:東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル 8F
事業内容:飲食店向け 予約/顧客台帳サービスの開発・販売
https://corp.toreta.in/
「トレタ」は株式会社トレタの登録商標です。

会社名:株式会社favy
所在地:東京都新宿区西新宿6-16-6 新宿タツミビル 7F
事業内容:店舗向けのサブスクプラットフォームの提供
http://www.favy.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング