フランス発祥の冷凍食品専門店「ピカール」がクロワッサンの日に電子マネーギフトカードの提供を開始

PR TIMES / 2019年9月6日 23時40分

-アララの「自社専用電子マネーシステム」を採用-

カード・メール事業を中心に企業向けの販促ソリューションを提供するアララ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩井陽介 以下、アララ)は、イオンサヴール株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小野倫子 以下、イオンサヴール)が展開する冷凍食品専門店「Picard(ピカール)」において、自社専用の電子マネー(※1)機能を搭載した販促支援ツール「point+plus(ポイントプラス)」が採用されたことを発表いたします。
※1ハウス電子マネーとは、スーパーマーケットや外食チェーンなど店舗名義で発行されるプリペイドカードのこと



[画像1: https://prtimes.jp/i/4318/168/resize/d4318-168-913128-0.jpg ]

フランス発祥の冷凍食品専門店「Picard」は、東京都に11店舗のスーパーを展開しており、9月6日(金)より全店で利用できる電子マネー「Picard ギフトカード」の提供を開始いたします。
イオンサヴールでは、日ごろよりお客様から「ギフトとしてピカールを贈りたい」というリクエストがあったものの、冷凍食品であることから持ち歩きの問題や保存するための冷蔵庫のキャパシティの問題などが課題となっていました。今回、ギフトカードを導入することで、贈り物やお返しとしてのニーズに対応し、お客様へのサービス向上を目指されています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/4318/168/resize/d4318-168-897981-1.png ]


■カード概要
カード名称:Picard ギフトカード
カード発行費用:無料
チャージ単位:1,000円
1回のチャージ上限:49,000円


アララは、今後も地方大手総合スーパーをはじめ、ドラッグストアやカフェチェーンなど、全国に拠点を置く様々な業態において、電子メールやポイントを活用した販促を支援してまいります。地域に根差した事業を展開する「企業」とサービスを受ける「ユーザー」の間に立ち、その関係がより良好かつ親密なものになるよう貢献してまいります。

■「point+plus」について
「point+plus」は、カードを軸にハウスポイントや電子マネー機能、顧客データに基づくメール配信機能を付加することができる店舗向け販売促進ソリューションです。お客様の属性情報(お誕生日やメールアドレスなど)を活用し、最適な情報をメールで配信することで再来店につなげます。リアルタイムでのカード利用実績取得機能も備えているため、データにもとづいたキャンペーンの実施等、タイムリーなマーケティング活動を可能にします。
【URL】 https://pointplus.jp/

■Picard(ピカール)について
日本で最も手軽に「フランスの365日の食卓」を楽しめるフランス発祥の冷凍食品専門店です。クロワッサンをはじめ、美しく、美味しく、ナチュラルな食品が揃っています。
【URL】 https://www.picard-frozen.jp/

<アララ株式会社 会社概要>
会 社 名:アララ株式会社(arara inc.)
U R L : https://www.arara.com/
所 在 地:〒107-0062 東京都港区南青山2-24-15 青山タワービル別館
設   立:2006年8月16日
資 本 金:331,500,000円
代表取締役社長:岩井 陽介
事業内容:
【電子マネー/CRM事業】
電子マネー管理、ポイント管理、会員管理、メール配信等を含む統合型販促パッケージ「point+plus」、及びそれに関わるSI・アプリケーションの開発・提供
【メッセージング事業】
高速メール配信サービス「araraメッセージングソリューション」の開発・提供
【データセキュリティ事業】
個人情報検出・管理ソリューション「P-Pointerシリーズ」の開発・提供
【AR事業】
ARプラットフォームアプリ「ARAPPLI」、ARサイネージ「ARAPPLI SIGNAGE」、及びそれに関わるSIの企画・開発・提供
【QRコード(R)関連事業】
スマートフォン向けアプリ「公式QRコードリーダー“Q”」及びQRコード作成サイト「QRコードメーカー」の開発・提供

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング