【プレスリリース】3月22日は「世界水の日」 安全な水が使えない人は7億6,800万人

PR TIMES / 2014年3月20日 14時40分

5歳未満の子ども1,400人が毎日下痢で死亡



※本信は ユニセフ本部からの情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、独自に編集
したものです
※原文をご入用の方は、広報室(後述)までお問い合わせください
※原文は3月21日発信となりますが、日本では祝日につき、20日に配信いたします
(情報解禁日時の指定はございません)


【2014年3 月21日 ニューヨーク発】

3月22日は「世界水の日(World Water Day)」。2010年には、ミレニアム開発目標の
うち「安全な飲料水の利用」の目標が達成され、同年、国連総会は「安全な水と基礎的
なトイレを利用する権利」を人権と決議しています。

ユニセフは「世界水の日」にあたり、今なお、世界では7億6,800万人以上が安全な水を
利用できず、その大半が貧困層であることを改めて訴えます。安全な水を利用できない
貧しい人たちの多くは、人里離れた地域や都市のスラムで生活しており、不衛生な水の
利用で毎年数十万人もの子どもたちが病気になり、命を落としています。

安全な飲料水や基礎的な衛生施設(トイレ)、手洗いなどの衛生習慣の欠如により、
ユニセフは5歳未満の子ども1,400人が毎日下痢によって死亡していると推計しています。


■基本的な権利が守られていない7億6,800万人

2010年、世界の人口の89%が改善された水源(水道管、ポンプ付き井戸、汚染防止井戸など)
を利用できるようになり、安全な飲料水に関するミレニアム開発目標は、2015年の
達成期限より5年も早く達成されました。

同年の国連総会は、すべての人が、安全な水と基礎的なトイレを利用できることを国際的な
人権として決議しました。しかし、最貧困層の人々は、この基本的な権利が実現されて
いません。

ユニセフの水と衛生部門部長のサンジャイ・ウィジェセケラは「中所得国ですら、安全な
飲料水を利用できない貧し人たちがたくさんいます。社会の周縁におかれ、時に忘れ
去られている人たち、つまり支援が最も届きにくく、最も貧しく、最も厳しい環境にある
人たちこそ、安全な水が利用できるようにする必要があるのです」と述べました。


■清潔で安全な水が利用できない人が多い国上位10カ国

2013年にユニセフとWHOが発表した統計によると、以下の通りです。以下の10カ国で安全
な飲料水が利用できない世界の人口の約3分の2を占めています。

1.中国 (1億800万人)、
2.インド (9,900 万人)、
3.ナイジェリア (6,300万人)、
4.エチオピア(4,300万人)、
5.インドネシア(3,900万人)、
6.コンゴ民主共和国(3,700万人)、
7.バングラデシュ(2,600万人)、
8.タンザニア連合共和国(2,200万人)、
9.ケニア (1,600万人)、9.パキスタン(1,600万人)
-出典:“PROGRESS ON SANITATION AND DRINKING WATER 2013-UPDATE”
(2013年5月18日発表)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング