【レトルト食品に関するアンケート調査】レトルト食品の利用者は9割弱。「時間がないとき」に利用する人は過去調査より減少、「ふだんの食事のメニューとして」は増加傾向

PR TIMES / 2014年9月24日 9時28分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、5回目となる『レトルト食品』に関するインターネット調査を2014年8月1日~5日に実施し、10,177件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/19304/

──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱、ボリュームゾーンは「月2~3回程度」。週1回以上の利用者は3割弱
■レトルト食品の利用場面は「作るのが面倒なとき」「時間がないとき」などが上位。過去調査を比べると「ふだんの食事のメニューとして」が増加、「時間がないとき」が減少傾向
───────────────────────────────────────────



◆レトルト食品を利用して料理をする頻度、利用するレトルト食品
レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱、「月2~3回程度」(22.2%)がボリュームゾーンとなっています。週1回以上の利用者は3割弱です。30代以上で利用する人が多い傾向です。

レトルト食品利用者に、利用するレトルト食品の種類を聞いたところ、「カレー」が77.3%でトップ、2位は「パスタソース」(43.7%)、以下「料理の素」「惣菜」が続きます。


◆レトルト食品の利用場面
レトルト食品の利用場面は、「作るのが面倒なとき」「時間がないとき」「ふだんの食事のメニューとして」が上位3位で各4~5割です。過去調査を比べると「ふだんの食事のメニューとして」が増加、「時間がないとき」が減少傾向にあります。男性40代以下では、「ふだんの食事のメニューとして」が最も多くなっています。女性では「作るのが面倒なとき」「時間がないとき」「体調が悪いとき」が、男性を10ポイント以上上回ります。


◆レトルト食品の購入場所、購入時の重視点
レトルト食品利用者の購入場所は、「スーパー」(87.5%)が最も多く、以下「ドラッグストア」「ディスカウントストア」「コンビニエンスストア」が続きます。男性では、30代以外は「コンビニエンスストア」が2位となっています。

レトルト食品購入者の重視点は、「味」「価格」が各7~8割でトップ2、以下「容量、サイズ」「原材料、成分、添加物」「メーカー」「賞味期限」が各2~3割で続きます。女性50代以上では、「原材料、成分、添加物」「賞味期限」が他の年代より多くなっています。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング