「47th Sony Aquarium」 夏休み、ソニーのテクノロジーで楽しむ美ら海の生き物と自然の数々

PR TIMES / 2014年7月30日 14時29分

4K撮影の美しさを画面で体感!カメラでじっくり!ハイレゾの音でドキドキ!

2014年7月25日(金)~8月31日(日) 於:銀座 ソニービル 入場・体験無料

銀座 ソニービルは7月25日(金)~8月31日(日)まで、沖縄美ら海水族館の監修のもと、ソニービル全館で「47th Sony Aquarium」を開催しております。2014年3月5日(サンゴの日)に、新しく国立公園指定を受けた沖縄・慶良間(けらま)諸島の美しいサンゴ礁の海に生息する生き物たちを、「ソニーの4K撮影映像とハイレゾで体感する“美ら海”の光り輝く世界。」をテーマに映像で再現します。




8F 「4K撮影映像+ハイレゾ 体感シアター」では、4K(*1)で撮影した、慶良間諸島の景色や実物大の「ザトウクジラ」など海の生き物たちの様子を、横8m×高さ2.7mの大画面(4,096×1,404ピクセル)とハイレゾリューション・オーディオ(*2)音源(以下、ハイレゾ)で上映します。
1F、2Fでは、夏休みの自由研究にも役立つ「探検!美ら海ワンダーアイランド」を開設。ソニー製品を使って、自然豊かな無人島に集まった生き物たちの不思議を楽しみながら学んでいただけます。

これらの企画では、美ら海の美しさ・自然の豊かさを皆様にお伝えするために、ソニーの技術が使用されています。どんな技術が使われているのかを知って、それぞれの企画をより深くお楽しみください。

*1 フルHD(High Definition)映像の解像度 1,920×1,080 画素(210万画素)と比較して4倍以上の映像情報量を有している映像
*2 DSD ハイレゾリューション・オーディオ音源とは、一般にCD(44.1kHz/16bit)、およびDAT(48kHz/16bit)を超える情報量(サンプリング 周波数、もしくは、ビット数のいずれかにおいて)を持つ、PCMやDSDフォーマットの音源を指します。


○1F/2F『探検! 美ら海ワンダーアイランド』
~ソニーの製品を使って慶良間諸島の豊かな自然と生き物に出会ってみよう!~

【ケラマの魚たち】 … デジタル一眼カメラ「α6000」、4K対応液晶テレビ ブラビア(TM)
α6000の「ファストハイブリッドAF」機能で狙った瞬間に撮影!素早く動き回るお魚たちを思い通りにとらえることが可能です。高画質で決定的瞬間を逃しません。撮影した写真は829万画素のブラビアの画面で美しく再生。元の画像から該当箇所を切り出す「オリジナルサイズ表示」で、撮影した写真の微妙なブレやピントのブレを簡単にチェックして、もっと素敵な写真を撮るコツが見つかるかもしれません。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング