【JAF栃木】 セーフティトレーニング開催報告

PR TIMES / 2014年12月4日 15時22分

普段できない体験を通じて人間やクルマの「限界」を体感。

 JAF栃木支部は、平成26年11月9日(日)栃木県運転免許センター(試験コース)にて、セーフティトレーニングを開催いたしました。




 JAF栃木支部(一般社団法人日本自動車連盟栃木支部/支部長小平雅久)は、平成26年11月9日(日)栃木県運転免許センター(試験コース)にて、ドライバーの交通安全意識の高揚と実践的な運転技能の向上を目的に、日本自動車工業会と全日本交通安全協会との共催によりセーフティトレーニングを開催いたしました。
24名の方が参加され、正しい乗車姿勢等の基本から、パイロンスラローム、急ブレーキや危険回避の操作等、普段できない体験を通じて人間やクルマの「限界」を体感し、安全運転には何が必要かを再確認していただきました。
JAF栃木支部は、これからも、交通安全に役立つ活動を展開してまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング