新型軽クロスオーバー「タフト(TAFT)」月販目標台数の4.5倍となる約18,000台を受注

PR TIMES / 2020年7月10日 13時30分

~SUVらしい力強いデザインと開放感溢れるガラスルーフが好評~



ダイハツ工業株式会社(以下ダイハツ)が2020年6月10日(水)に発売した新型軽クロスオーバー「タフト」の累計受注台数が、発売後1ヶ月で、月販目標台数(4,000台)の4.5倍となる約18,000台となり、好調な立ち上がりとなった。

タフトは 、「日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒」をコンセプトに開発し、拡大傾向にある軽クロスオーバー市場に投入した商品である。SUVらしいタフさや力強さを表現するデザインや、大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」、自由にアレンジできる後席「フレキシブルスペース」に加え、進化した予防安全機能「スマートアシスト」やDNGA新プラットフォームによる高い基本性能を備えながら、軽自動車ならではのお求めやすい価格を実現している。

ダイハツは“Light you up”の考え方のもと、これからもお客様一人ひとりに最適なモビリティを提供し、軽自動車と小型車の幅広いスモールカーラインナップで、お客様のニーズにお応えしていく。
[画像1: https://prtimes.jp/i/16361/169/resize/d16361-169-679062-0.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/16361/169/resize/d16361-169-748513-1.jpg ]

新型「タフト」受注内容
1.受注台数
約18,000台 【ご参考】月販目標台数:4,000台
・性別、年代問わず幅広い層から好評
・ボディカラーは、新色3色※が好評
※レイクブルーメタリック、フォレストカーキメタリック、サンドベージュメタリック
・約半数のお客様が「メッキパック(ディーラーオプション)」を装着

2.主な好評点
・タフで力強さを感じるスクエアな『デザイン』
・圧倒的な開放感をもたらす頭上のガラスルーフ『スカイフィールトップ』
・DNGAによる確かな『基本・安全性能』

以上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング