1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

IBMの取締役会がKyndryl (キンドリル) の分社化を承認

PR TIMES / 2021年10月13日 21時15分

Kyndryl株式の割当基準日は2021年10月25日Kyndryl株式の割当日は2021年11月3日の予定



[米国ニューヨーク州アーモンク - 2021年10月12日(現地時間)発]

IBMは本日、すでに発表しているマネージド・インフラストラクチャー・サービス事業であるKyndrylの分社をIBMの取締役会が承認したことを発表しました。
[画像: https://prtimes.jp/i/46783/169/resize/d46783-169-69b1bc662483f9982507-0.png ]


この分社化を実施するため、IBMの取締役会は、Kyndrylの発行済み株式の80.1パーセントをIBMの株主に比例配分で割り当てることを表明しました。割当が実施されると、IBMの普通株式の各保有者は、割当基準日である2021年10月25日に保有しているIBMの普通株式5株あたり、Kyndrylの普通株式1株を受け取ることになります。この割当は、2021年11月3日の市場取引の終了後に行われます。アメリカ合衆国の連邦所得税の観点から、今回の割当は、アメリカ合衆国内のIBM株主にとって節税効果のある方法で実施される予定です。今回の割当には、Kyndrylが提出したForm 10の有価証券届出書に記載されている一定の条件が適用されます。

IBMは、Kyndrylの普通株式の19.9パーセントを保有しますが、これは、割当後の12カ月間に、市場の動向を考慮しながら、これらの株式をIBMの債務と交換することを意図したものです。

IBMの会長兼CEO(最高経営責任者)であるアービンド・クリシュナ(Arvind Krishna)は、次のように述べています。「本日の発表は、当社が新たな成長の時代を迎える中での当社社員と株主にとって大きな節目となります。Kyndrylの分社化は、強力なハイブリッドクラウドやAIのソリューションのケイパビリティーを世界中の企業に提供することに注力しているIBMの継続的な進化の中での大きな一歩です」

KyndrylのCEO(最高経営責任者)であるマーティン・シュローター(Martin Schroeter)氏は、次のように述べています。「Kyndrylには重要かつエキサイティングな使命があります。それは、世界に常に信頼されるテクノロジー・インフラを設計し、構築して管理することです。独立した、サービスに注力したリーダーとして、Kyndrylはお客様にとって社会成長の生命線となるでしょう」

IBMの株主は、株主として権利を有するKyndrylの普通株式を受け取るために何らかの手続きを行う必要はありません。また、株主は、今回の分社化に参加するために、何らかの対価を支払う、あるいはIBMの普通株式を放棄したり株主交換を行ったりする必要はありません。

■将来の見通しと注意事項(以下英文)
Forward-Looking and Cautionary Statements
Except for the historical information and discussions contained herein, statements contained in this release may constitute forward-looking statements within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements are based on the company’s current assumptions regarding future business and financial performance. These statements involve a number of risks, uncertainties and other factors that could cause actual results to differ materially, including, but not limited to, the following: a downturn in economic environment and client spending budgets; a failure of the company’s innovation initiatives; damage to the company’s reputation; risks from investing in growth opportunities; failure of the company’s intellectual property portfolio to prevent competitive offerings and the failure of the company to obtain necessary licenses; the possibility that the proposed separation of the managed infrastructure services unit of the company’s Global Technology Services segment will not be completed within the anticipated time period or at all, the possibility of disruption or unanticipated costs in connection with the proposed separation or the possibility that the separation will not achieve its intended benefits; the company’s ability to successfully manage acquisitions, alliances and dispositions, including integration challenges, failure to achieve objectives, the assumption of liabilities, and higher debt levels; fluctuations in financial results; impact of local legal, economic, political, health and other conditions; the company’s failure to meet growth and productivity objectives; ineffective internal controls; the company’s use of accounting estimates; impairment of the company’s goodwill or amortizable intangible assets; the company’s ability to attract and retain key employees and its reliance on critical skills; impacts of relationships with critical suppliers; product quality issues; impacts of business with government clients; reliance on third party distribution channels and ecosystems; cybersecurity and data privacy considerations; adverse effects from environmental matters, tax matters; legal proceedings and investigatory risks; the company’s pension plans; currency fluctuations and customer financing risks; impact of changes in market liquidity conditions and customer credit risk on receivables; risk factors related to IBM securities; and other risks, uncertainties and factors discussed in the company’s Form 10-Qs, Form 10-K and in the company’s other filings with the United States Securities and Exchange Commission or in materials incorporated therein by reference. Any forward-looking statement in this release speaks only as of the date on which it is made. Except as required by law, the company assumes no obligation to update or revise any forward-looking statements.

以上

当報道資料は、2021年10月12日(現地時間)にIBM Corporationが発表したプレスリリースの抄訳です。原文は下記URLを参照ください。
https://newsroom.ibm.com/2021-10-12-IBM-Board-of-Directors-Approves-Separation-of-Kyndryl (英語)

IBM、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。 現時点での IBM の商標リストについては、 http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング