【飲食店情報の検索に関するアンケート調査】飲食店情報サイトやアプリ、選定時の重視点は「登録店舗数の多さ」「検索方法のわかりやすさ」「特典の多さ」が上位

PR TIMES / 2014年9月25日 9時27分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、6回目となる『飲食店情報の検索』に関するインターネット調査を2014年8月1日~5日に実施し、10,220件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/19313/

──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■飲食店情報を調べる際の情報源は「パソコンのインターネットサイト」が8割強。「紙媒体情報」は過去調査に比べ減少。スマートフォンのインターネットサイトやアプリは各1~2割で増加
■飲食店情報サイト・アプリ選定時の重視点は「登録店舗数の多さ」「検索方法のわかりやすさ」「割引クーポンなどの特典の多さ」「口コミ件数の多さ」「店に関する情報の豊富さ」など
───────────────────────────────────────────



◆飲食店情報媒体の利用頻度、飲食店情報の情報源
本・雑誌やインターネットなどを使って飲食店情報を調べる人は8割弱で、月に1回以上の利用者が半数弱です。10代は「使わない・調べない」が他の年代より多くなっています。

飲食店情報を調べる際の情報源は、「パソコンのインターネットサイト」(81.6%)が最多です。「フリーペーパーやグルメ雑誌などの紙媒体情報」は35.8%、女性30・40代で多く、関東や近畿で少なくなっています。また、過去調査に比べて減少しています。「スマートフォンのインターネットサイト」「スマートフォンのアプリケーション」は各1~2割、女性若年層で多い傾向です。過去調査に比べて増加しています。


◆飲食店情報を調べる際に利用するサイト・アプリ、選定時の重視点
パソコンや携帯端末で飲食店情報を調べる人に、調べる際に利用するサイトやアプリを聞いたところ、1位「ぐるなび」(71.9%)、2位「食べログ」(57.1%)、3位「ホットペッパーグルメ」(35.6%)となっています。「ぐるなび」は2012年以降、「食べログ」は2011年以降増加傾向です。「食べログ」は、女性10~30代で7割弱みられます。

飲食店情報サイト・アプリ選定時の重視点は、「登録店舗数の多さ」「検索方法のわかりやすさ」「割引クーポンなどの特典の多さ」「口コミ件数の多さ」「店に関する情報の豊富さ」などが各3~4割で上位にあがっています。過去調査に比べて、「割引クーポンなどの特典の多さ」「店や料理の評価がある」は減少傾向です。女性50代以上では「検索方法のわかりやすさ」が1位です。主利用サイト別に1位の項目をみると、『食べログ』は「口コミ件数の多さ」、『ホットペッパーグルメ』『一休.comレストラン』は「割引クーポンなどの特典の多さ」、『Yahoo!ロコ』は「検索方法のわかりやすさ」となっています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング