1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【本日オンデマンド配信スタート!】芥川賞・直木賞をもっと楽しむ特別講座!異色の文学対談特集【NHKカルチャーオンライン講座】

PR TIMES / 2022年1月19日 19時45分

芥川賞&直木賞味わい方倍増!芥川賞作家李琴峰が声優榎本温子とアニメから純文学まで創作の深みを語り合う特別講座。直木賞作家佐藤究が衝撃の犯罪小説の舞台裏を明かす特別講座。2講座同時配信!本日より期間限定

コロナ禍の今、旅や移動が制限され、リアルな情報や体験が減るなか・・・小説という創作物はどんな時でも読者を豊かな世界へ誘ってくれる。その創作の極みともいえる日本文学界最高峰の芥川賞・直木賞を受賞した作家に登壇頂くNHKカルチャー特別企画です。独自の世界観を独自の言葉で紡ぎあげてきたその創作の舞台裏や制作秘話に迫ります。(録画済の動画を視聴する講座です。)一度立ち止まって考える時間が増えた今だからこそ、一人でも多くの方にこの時代を豊かに、しなやかに生き抜くヒントがあることを切に願って...。芥川賞・直木賞をじっくり味わう特別講座を配信します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/71793/170/resize/d71793-170-78e9fcdfae310cef1e48-6.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/71793/170/resize/d71793-170-f13dc26572dd1e7545b0-2.jpg ]

●異色の文学対談 声優×芥川賞作家
特別講座おススメの1つ目は「深読み!芥川賞 ~日本アニメ×日本文学 異色のクリエイター対談~」。
講師は『彼岸花が咲く島』で第165回芥川賞を受賞した李琴峰さん。台湾出身、2013年に来日し、早稲田大学大学院で学んでからわずか8年で日本文学最高峰の芥川賞を手した李さん。日本語の原点は、実は幼い頃に親しんだポケモンなど「アニメ」にあったんです。その創作の源にグイグイ迫るのは、声優の榎本温子さん。庵野秀明監督作アニメ『彼氏彼女の事情』で主演デビュー、日本アニメを牽引する実力者。李さんの作品を全て読み込んだという榎本さん、李さん作品の特徴や魅力を深堀りします。さらに繰り出す「好きなポケモンは?」という質問に対し次から次へとあふれる李さんのお答え!日本アニメと日本文学の密接な!?関係が見えてくる異色の対談です。講座の冒頭では、李さん自身が制作した『彼岸花が咲く島』のプロモーション動画も紹介、作者が強く訴える視点が新たに見えてきます。質疑応答も飛び交い、まさに白熱の90分。ゼロから何か生み出す強い意思、創作する者のみが味わう悲喜こもごも、『芥川賞』の舞台裏に触れる特別講座です。

[画像3: https://prtimes.jp/i/71793/170/resize/d71793-170-715cbdf10df924ca652e-4.jpg ]

●傑作を生んだ名コンビ 編集者×直木賞作家
特別講座おススメの2つ目は「深読み!直木賞 ~令和の超エンタメ小説誕生秘話~」。講師は『テスカトリポカ』で第165回直木賞を受賞した佐藤究さん。選考委員を悩ませ激論の末、直木賞に選ばれた注目の問題作『テスカトリポカ』。「アステカ神話」「臓器売買」・・・圧倒的なスケール感で複雑に絡み合う資本主義の闇を描いた渾身の“犯罪小説”。3年もの歳月をかけ緻密に練られた構想、550ページに及ぶ超大作はどのようにして誕生したのか?
聞き手は、着想前からともに歩んできた編集者の上野秀晃さん(KADOKAWA)。完成に至るまでには、生みの苦しみも・・・。丁寧に調べ込んだがゆえに、細やかな描写が膨らみ、全体のバランスを考えると泣く泣く文章を整理(割愛!)しなくてはいけない場面もあったとか。この時、編集者は作者とどう対峙したのか?また作者はどう対応したのか?講座では、作家佐藤さんならではの驚きの整理方法が明らかに。クリエイターの頭の中をのぞき見できる貴重なお話が。さらに、編集者と作家、プロ同志のせめぎ合いが垣間見れる本音トークにも注目!お二人の対談はこの90分、NHKカルチャーだけで実現、まさに直木賞作品の創作秘話となる特別講座です。

<講師プロフィール>
【深読み!芥川賞 講座】
●講師:李琴峰(第165回芥川賞受賞)
1989年台湾生まれ。2013年来日。早稲田大学大学院日本語教育研究科修士課程修了。
2017年『独り舞』(原題「独舞」)で群像新人文学賞優秀作を受賞しデビュー。
2019年『五つ数えれば三日月が』が芥川賞、野間文芸新人賞の候補に。
2021年『ポラリスが降り注ぐ夜』で芸術選奨新人賞受賞。
同年7月『彼岸花が咲く島』で第165回芥川賞受賞。

[画像4: https://prtimes.jp/i/71793/170/resize/d71793-170-e9958ca3bf88ec34823c-3.jpg ]

●聞き手:榎本温子(声優・ナレーター)
1998年2月高校3年生で文化放送デビュー。
同10月、庵野秀明監督作品『彼氏彼女の事情』で主役宮沢雪野役でアニメデビュー。『ふたりはプリキュアSplash☆Star』『ヒカルの碁』『キャプテン翼』「LINE」シリーズ(サリー役)など声優として数々の作品に携わる。
NHKほか各局の番組ナレーションやパーソナリティーとしても出演、活動の幅を広げている。


【深読み!直木賞 講座】


[画像5: https://prtimes.jp/i/71793/170/resize/d71793-170-e60f25af3b5fd4e9aed5-5.jpg ]

●佐藤究(第165回直木賞受賞)
1977年福岡県生まれ。2004年に佐藤憲胤名義で書いた『サージウスの死神』が第47回群像新人文学賞優秀作となりデビュー。2016年『QJKJQ』で第62回江戸川乱歩賞を受賞。2018年、受賞第一作の『Ank: a mirroring ape』で第20回大藪春彦賞および第39回吉川英治文学新人賞のダブル受賞を果たす。2021年5月に『テスカトリポカ』で第34回山本周五郎賞、7月に第165回直木賞を受賞。同一作品での両賞受賞は17年ぶり2人目。

●聞き手:上野秀晃(編集者)
株式会社KADOKAWA文芸・映像事業局、『テスカトリポカ』担当編集。第165回直木賞選考会当日も、作家とともに結果を待ち続ける緊張感を味わう。まさに作家と二人三脚で作品を生み出している。


講座名:深読み!芥川賞 ~日本アニメ×日本文学 異色のクリエイター対談~
講師:李琴峰
聞き手:榎本温子
受講形態:オンデマンド講座
配信期間:1月19日(水)~2月1日(火) 【2週間限定】
受講料金:NHK文化センター会員・一般とも税込2750円
主催:NHK文化センター
▼お申込みはこちらから
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1245206.html

講座名:深読み!直木賞 ~令和の超エンタメ小説誕生秘話~
講師:佐藤究
聞き手:上野秀晃
受講形態:オンデマンド講座
配信期間:1月19日(水)~3月18日(金) 【2か月限定】
受講料金:NHK文化センター会員・一般とも税込2750円
主催:NHK文化センター
▼お申込みはこちらから
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1245207.html

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください