トランスコスモス、3年連続で「グローバルアウトソーシング100」に選出 ~国際アウトソーシング専門家協会が発表~

PR TIMES / 2012年3月1日 12時15分



トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715、以下、トランスコスモス)は、国際アウトソーシング専門家協会(以下、IAOP) が発表した「2012年グローバルアウトソーシング100(Global Outsourcing 100)」に選出されました。2010年、2011年に続き、3年連続の選出です。

グローバルアウトソーシング100とワールドベストアウトソーシングアドバイザー(World’s Best Outsourcing Advisors)は、世界一のアウトソーシングプロバイダーとアウトソーシングアドバイザーを評価するものです。このランキングは、IAOPによって編成された独立した審査員団により、各社のエントリーを厳選に評価し選定されたものです。

IAOPマネージングディレクター・オブ・リーダーシップのジャグ・ダラール(Jag Dalal) 氏は「第7回目となる今回、最も優れた企業を選出するにあたって、アウトソーシングサービスプロバイダーに顕著な成長、高度化、そしてサービスの拡大が見られました。審査員は、プロバイダーやアドバイザーと顧客企業とのつながりの深さに感心していました。顧客企業がプロバイダーのサービスを非常に高く評価していることは明確です。アウトソーシング業界の競争の激しさを物語るように、この業界は常に高度化し、より大きく成長を続けています。」と述べています。

IAOPチェアマンのマイケル・コーベット(Michael Corbett)氏は「昨今の経済状況では、アウトソーシングを活用する企業にとってよりニーズに沿った、適任なアウトソーシング業者を容易に選定できる状況が、これまで以上に必要です。このランキングは、アウトソーシング業界の大手企業から新進プロバイダーまでを対象としているため、アウトソーシングを必要とする企業にとって不可欠です。」と述べています。

IAOPのCEOであるデボラ・ハミル(Debi Hamill)氏は「ランキングは、厳正な申請基準と正確な審査過程によって決定しており、顧客企業の購買意思決定により必要な情報を提供するばかりでなく、業界全体のレベルアップにも貢献しています。」と語っています。

トランスコスモスは、年々ニーズが多様化・高度化するITアウトソーシング業界において、市場動向をいち早くキャッチし、お客様企業のニーズを実現するさまざまなサービスを開発、提供してきました。「グローバルアウトソーシング100」選出は、これらの実績が評価されたものだと考えています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング