三重県で「森つなぎプロジェクト」始動!

PR TIMES / 2014年5月8日 13時21分

イオンは、林業に興味を持つ若者を応援します

イオンは、三重県、NPO法人みやがわ森選組※とともに、森びと養成講座「森つなぎプロジェクト」を主催します。「森つなぎプロジェクト」は、森林資源の持続的な利用を通じて森とくらしを守りたいという想いのもと、三重県、NPO法人みやがわ森選組、イオンが協力し、林業後継者の育成を目指すものです。

【森びと養成講座「森つなぎプロジェクト」の主な内容】
1.対象:全国の林業に興味のある満20歳~39歳までの方(定員:20人)
2.期間:2014年10月~2015年3月までの期間で12日間
3.場所:三重県多気郡大台町
4.主な内容:
 森の機能や林業に関する講義、実地研修、ビジネスモデルを考えるワークショップ、
 一般の方々や「イオン チアーズクラブ」へのオープンスクール企画
5.応募:8月1日よりメール(E-mail : nmiyare@pref.mie.jp)にて受付
詳細についてはこちら(http://www.sinsengumi.info/tsunagi.html

近年、地球温暖化防止や生物多様性の保全のみならず、日本文化の伝承やレクリエーションの場など多面的な役割を担う森と、人と自然の共生の場である里の保全・持続可能な利用が社会の喫緊の課題となっています。

イオンは、1991年より国内外でお客さまとともに植樹活動を続け、その植樹本数は昨年累計1,000万本を超えました。これを機に里や森の循環を通じていのちと自然のめぐみを守るため、これまでの「植える」活動に加え木を「育てる」「活かす」活動にも取り組んでいきます。このたびの取り組みはその一環として行うものです。

「森つなぎプロジェクト」では、林業などに興味がある方に半年間のプログラムを通じて日本の森林管理について理解を深めてもらいます。また、一般の方々や環境活動に取り組む「イオン チアーズクラブ」の小中学生を招待し森について学習する企画も実施し、森の大切さや林業の魅力をより多くの方々に知っていただく機会につなげます。

参加者は、インターネット等を通じて全国から森や林業に対して高い関心を持つ方々を募ります。このほか東京、大阪で説明会を実施します。また、プロジェクト終了後も、林業への就業を希望される方へのサポートやビジネスプランの実現サポートなど、林業の活性化のための支援活動を行う予定です。

イオンは、これからも小売業としてお客さまに自然の恵みを持続的に提供するため、多くの生き物の命を育む森と里の保全に取り組んでまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング