女性の約2割がデジタル一眼の所有者

PR TIMES / 2012年2月13日 15時4分



株式会社主婦の友社(本社:東京千代田区、代表取締役:荻野善之)の企業向け調査&コンサルティングサービス「主婦の友しあわせ総研(サービス名称)」は、女性誌「Ray」「mina」などの読者で構成された独自調査組織「主婦の友読者ネットアンケートクラブ」の女性会員を1,559人を対象に「デジタル一眼(ミラーレス一眼)」についてのアンケート調査を実施いたしました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■サマリー

最近ブームの「カメラ女子」。街を歩くとカメラを肩からかけている女性をよく見かけるようになったが、ここにきてさらにその数が増えているようだ。手軽に扱えて価格帯も比較的安価なデジタル一眼は、女性に支持され、人気が高まっている。今は持っていないが、次の買い替えにはデジタル一眼を検討しているとの回答は73%を超えた。今まで一眼カメラは「黒くてごっつくて重い」、「男性が使っている」イメージが強かった。しかし、現在では宮崎あおいさんなどの宣伝も影響してか、「デジタル一眼=スタイリッシュ、おしゃれ」といったファッションやライフスタイルの一つとしてとり入れられているようだ。カラフルなもの、レトロなボディーなどデザイン性に優れたモデルが多いのも人気の理由。

一過性のブームでは終わらず、一定の地位を得始めている一眼旋風。デジタル一眼は「カメラ女子」でなくとも、自分らしさを表現するツールとして、今後ますます活用の幅を広げていくだろう。

……………………………………………………………………………………………


●次に買うなら、デジタル一眼で決まり!

【デジタル一眼をもっているか】の質問には、全体の81%がデジタル一眼を所有もしくは興味があると回答。欲しいと考えている潜在的ニーズは予想を超える反応だった。

現在は、93%が携帯電話のカメラやコンパクトデジタルカメラを撮影していると回答するものの、より満足できる画を求めデジタル一眼カメラが欲しいと考えているとのこと。画像のクオリティーを志向する女性にとって一眼レフはかなり気になるデジタルグッズのようだ。

「小さいのに高機能なコンパクトデジタルデジタル一眼」もしくは「本格的な一眼カメラ」が欲しいと答えたのはあわせて73%。「コンパクトデジタルカメラ」と回答したのは27%と予想を遥かに下回った。手軽さと画質・機能面のバランスがとれ、数年前からの低価格化に伴って、より一般的なアイテムになったデジタル一眼。特に入門機は女性を意識したモデルが投入され、購買意欲が高まっていると推測される。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング