完全Web-ERP「GRANDIT(R)」と連携する「BIダッシュボード for GRANDIT(R)」の提供を開始

PR TIMES / 2012年5月28日 17時43分



詳細は下記URLをご参照ください。

http://www.infocom.co.jp/info/press/2012/p12052801.html

***************
インフォコムグループは、新中期経営計画(平成24年2月6日公表)の達成に向けた事業推進の一環として、完全Web-ERP「GRANDIT(R)」※に標準搭載されているBI※機能と連携する「BIダッシュボード for GRANDIT(R)」の提供を6月より開始いたします。これにより、「GRANDIT(R)」に蓄積された膨大なデータの自動集計とリアルタイムな経営分析環境を低コストで提供いたします。

【製品展開の背景】
 インフォコムグループは、新中期経営計画(平成24年2月6日公表)で基本方針の1つに位置付けている「重点事業領域の業容拡大に向けた“進化”」において、企業向けITサービスの拡充・変革を積極的に推進する方針です。
 インフォコムでは、お客様志向を基本とした新たなキーメッセージとして「スマート経営(R)」※(商標登録 第5482956号)の実現を掲げ、企業が抱える経営課題やリスク解決をサポートする各種ソリューションやサービスの提供を進めています。その第1段として、完全Web-ERP 「GRANDIT(R)」をご利用されているお客様からから多くの要望をいただいている、「GRANDIT(R)」との連携が可能な「BIダッシュボード for GRANDIT(R)」の提供を6月より開始いたします。

【製品概要】
 完全Web-ERP「GRANDIT(R)」に標準で搭載しているBI機能を、よりグラフィカルな表現を強化し、経営の意思決定迅速化を実現しています。
 これにより、「GRANDIT(R)」に蓄積された膨大なデータの自動集計とリアルタイムな経営分析環境を低コストで実現する事が可能になります。
 グループ経営を行っている企業においては、「BIダッシュボード for GRANDIT(R)」を利用し、海外拠点の実績データまで集約した業績把握も可能となります。
 さらに、PCだけではなく、iPad等のタブレット端末から「いつでも、どこでも、瞬時に」アクセスすることが可能となり、直感的な操作を行うことで、分析した情報をタイムリーに把握できるようになります。
 今後は「GRANDIT(R) for Cloud」のオプションサービスとしての提供も予定しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング