フリースケールのウェアラブル技術が 2015 CESのイノベーション・アワード受賞の栄誉に輝く

PR TIMES / 2014年11月19日 11時17分

フリースケールのウェアラブル・リファレンス・プラットフォームおよび AMPL LabsのSmartBackpackが「優秀民生技術」アワードを受賞

フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)のウェアラブル・リファレンス・プラットフォーム(WaRP)が2015 CESのイノベーション・アワードに選定されました。WaRPは、モノのインターネット化(IoT)の開発プラットフォームで、急速に発展するコンシューマ・ウェアラブル市場の製品をこれまで以上に柔軟に開発することができます。さらに、バッテリ寿命、小型化、コスト、およびユーザビリティなどの重要な開発課題に応え、新規設計アイデアの実現性を向上させます。

ニューヨーク市で開催された2015 International CES Unveiled New Yorkにおいて発表されるCESイノベーション・アワードは、コンシューマ技術製品において傑出した設計および技術を表彰する毎年恒例のコンペティションです。この名誉あるプログラムにノミネートされる製品は、組織に属さない工業デザイナー、技術者、および商業メディアの代表者で構成される権威ある委員会により審査され、28の各製品カテゴリで最先端のコンシューマ・エレクトロニクス製品が認定されます

組込み技術カテゴリでの受賞となったWaRPはハイブリッド・アーキテクチャを基盤とする柔軟なプラットフォームで、システム設計者はフィットネス、ヘルスケア、およびインフォテイメントの多岐にわたるウェアラブル製品の開発に際して、迅速かつ容易にプロトタイプからの製品化を実現することができます。システムレベルの開発キットは、ワイヤレス充電が可能で、フリースケールのマイクロプロセッサとセンサ・デバイスを搭載するほか、オープンソース・ソフトウェア、バッテリ、およびタッチ画面のLCDモジュールが付属します。WaRPは、フリースケール、CircuitCo、Kynetics、およびRevolution Robotics各社の協業による成果です。

フリースケールのコンシューマ・マーケット・ビジネス開発マネージャであるSujata Neidigは、次のように述べています。「フリースケールがCESイノベーションの受賞企業の1つに選出されたことを誇りに思います。これから先、想像力にあふれた全く新しいウェアラブル製品がWaRPプラットフォームによって多く生み出されることを期待します。フリースケールのお客様でありパートナーでもあるAMPL Labsの受賞も二重の喜びとなりました。フリースケールの技術をクリエイティブに活用して完成させたSmartBackpackは、日用品をインテリジェント化した貴重な例です。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング