4,507枚の絵馬が、家族をCOPDから守る!

PR TIMES / 2013年11月13日 16時25分

- 世界COPDデー(11月20日)を前に、大切な家族をCOPDから守るための願いを込めた絵馬を浅草神社に奉納!
- 「家族の肺の健康祈願コンテスト」 入賞作品3作品を発表



2013年11月13日 日本/東京
日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:青野吉晃、以下「日本ベーリンガーインゲルハイム」)は、主に長年の喫煙習慣によって引き起こされる肺の生活習慣病 COPD(慢性閉塞性肺疾患)の啓発を目的とした「家族の肺の健康祈願コンテスト」の入賞作品を決定しました。
「家族の肺の健康祈願コンテスト」は、日本ベーリンガーインゲルハイム主催、一般社団法人GOLD日本委員会後援のCOPD啓発キャンペーン「いきいきとした毎日を~家族のために、家族とともに~」の一環として、8月1日の肺の日から10月10日まで、啓発サイト「いきいき神社(http://ikiiki-jinja.jp)にて開催されました。コンテストでは、大切な家族(夫・父)の肺の健康を願う絵馬を募集し、数多くの絵馬がオンライン上のいきいき神社に奉納されました。
4,507枚の絵馬の中から3枚の入賞作品を決定!
応募いただいた4,507枚の絵馬の中から、3枚の絵馬を入賞作品に、100枚の絵馬を佳作に決定しました。入賞作品は以下の通りです。

肺の健康賞
「COPDという病気、タバコを吸った経験がある人ならみんな可能性があるって知ってた?随分前にタバコはやめたけど、咳が多いのが気になります。一度チェックしませんか?」
るりこ

ベーリンガーインゲルハイム賞
「たまに会うといつも咳をしているお父さん。『風邪がなかなか治らないんだ』と言うけれどCOPDではないかと心配です。一度検査をして皆を安心させてください。」
健康第一 

いきいき神社賞
「お父さん、COPD知っていますか?ずっと長生きしてほしいから一度検査してほしいな。いつか一緒にマラソン大会に出る約束、叶う日が来ることを願っています。」
saeママ

「肺の健康賞」を審査したGOLD日本委員会の代表理事の福地義之助先生は、入賞作品について以下の通りコメントしています。

「COPDという病気についてしっかりと伝えており、またチェックをしませんか?とアクションを促している点が素晴らしいと思います。COPDは自分では気付きにくい病気ですので、るりこさんのように、家族に気になる症状がある場合には指摘し、検査を促すことが非常に重要です。るりこさんの願いがご家族に届き、COPDの早期発見、治療を通じて、いきいきとした毎日を過ごすことができるよう、お祈りしています」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング