学生の内定取得率は55.4%、企業の内定出し開始率は76.7% -2013年度新卒採用 就職・採用活動 6月度調査報告-

PR TIMES / 2012年7月4日 10時31分



 エン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、学生向け就職情報サイト『[en]学生の就職情報』(http://gakusei.enjapan.com/)は、2013年3月卒業予定の学生と求人企業を対象に、『2013年度新卒採用 就職・採用活動アンケート』を実施いたしましたので、以下、概要をご報告いたします。

------------------------------------------------------------------

学生の内定取得率は55.4%、企業の内定出し開始率は76.7%

約7割の学生が最終面接を経験、選考の最終段階を迎える学生が増加

------------------------------------------------------------------

【注目動向1>>現在の就職・採用活動の状況】
●<学生>学生の現在の悩みは、「特に悩みはない(28.8%)」 、「面接(15.8%)」
 最終面接参加経験は68.9%、前月より16ポイント増加
⇒学生の悩みは、内定を取得している学生が増えていることから、「特に悩みがない(28.8%)」がトップになったものの、一方で「内定先に対する不安(13.5%)」も増加しています。

 面接参加経験については、前月比1.7ポイント増加の92.3%、最終面接参加経験は前月比16ポイント増加の68.9%となりました。

●<企業>企業の悩みは、前月に続き「内定者フォロー (23.7%)」がトップ
 エントリー受付開始率・会社説明会開始率・エントリー受付開始率は、直近3年間で最も高い数値
⇒企業の現在の悩みは、前月と変わらず「内定者フォロー(23.7%)」、続いて「母集団形成(22.3%)」、「選考(17.7%)」となりました。

 選考プロセスの進捗状況については、「エントリー受付開始率(94.7%)」、「会社説明会開始率(93.2%)」、「選考開始率(90.6%)」全ての項目において13年度調査以来初めて11年度、12年度より高い数値となり、選考時期を早める企業が増加しているようです。

●<学生>6月の内定取得率は55.4%(前年:52.1%)、11年度、12年度を上回るペースで推移
 <企業>7割以上の企業が内定出しを開始
⇒学生の内定取得率は55.4%(前年:52.1%)で、12年度を3.3ポイント、11年度を11.6ポイント上回る結果となりました。内定承諾後も「就職活動を終了しない」と回答した学生は19.7%でした。活動を継続する理由としては、「まだまだ良い企業を探したい」、「その企業の将来性や自分の将来設計への不安が拭えない」などがありました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング