1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

サンクトガーレン、飲むアップルパイビール「アップルシナモンエール」のクリスマス限定ラベルを発売。“傷リンゴ”を活用。ホットビールでも楽しめる甘くスパイシーな味わい

PR TIMES / 2023年11月27日 18時15分

傷リンゴを活用したアップサイクルビール



サンクトガーレン有限会社(神奈川県厚木市/代表取締役 岩本伸久)は500個の焼きリンゴを使用したアップルパイをイメージしたビール「アップルシナモンエール」のクリスマス限定ラベルの発売を開始しました。
https://www.sanktgallenbrewery.com/xmas/

[画像1: https://prtimes.jp/i/25081/176/resize/d25081-176-38a72cb13619750f5c7a-0.jpg ]


ラベルにはサンタクロースが大きなリンゴを引っ張るイラストとともに、「Merry Christmas」のメッセージを描いており、クリスマスプレゼントにもお薦めです。


クリスマスとリンゴの関係



諸説ありますが、クリスマスツリーの発祥の地ドイツではもともとツリーとして普及したのはリンゴの樹だと言われています。
しかしリンゴの樹は冬になると葉が落ちてしまうため、次第に常緑樹のモミの樹がつかわれるようになりました。
その中でリンゴの果実だけが飾りとして残り、クリスマスツリーのリンゴのオーナメントになりました。今でもリンゴはクリスマスに欠かせないものです。


まるでお菓子作り。500個の焼きリンゴをつくるところから手づくりです



このビールは“傷リンゴ”約500個を厚木市内の製パン店のオーブンを借りて焼きリンゴにするところからスタート。その様子はビール造りというより、お菓子づくりです。1日かけてリンゴを焼き、別日にビールを仕込んでいます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/25081/176/resize/d25081-176-463d2b24e1faf2d6bb29-1.png ]


ベースのビールは軽く焦がした麦芽(モルト) “カラメルモルト”を特徴的に使用した琥珀色のビールです。このモルトは食べるとカラメルソースのような甘く香ばしい味がし、ビールにも同様の風味をもたらします。その風味と焼きリンゴなどの副原料の風味が相まってアップルパイのような味わいのビールになっています。


長野県伊那市の“傷リンゴ”を有効活用



アップルシナモンエールに使用しているリンゴは長野県伊那市の“傷リンゴ”です。風に揺られ枝と擦れて傷や割れがあったり、色や形(サイズ)にバラつきがあるなど、通常品としては売り物にならない果実を買い取ってビールに加工しています。台風が直撃した年には、その被害にあった果実も活用してきました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/25081/176/resize/d25081-176-8b74224226726c65fa52-2.png ]


関係者の話では、こういった傷リンゴは収穫量全体の3分の1量にもなると言います。これらを加工品に有効活用することで食品ロス削減につながり、SDGs達成に貢献しています。

このビールは通常のビールと同じように冷やしてはもちろん、温めてホットビールにしても美味しく楽しめます。
公式サイト内ではホットビールの作り方も公開しています。
https://www.sanktgallenbrewery.com/xmas/


商品概要



[画像4: https://prtimes.jp/i/25081/176/resize/d25081-176-5ad3de7b08bef0835318-3.jpg ]


【商品名】アップルシナモンエール クリスマスラベル(発泡酒)
※このビールには酒税法で認められている以上の量の果物を使用しているため、日本では“発泡酒”扱いとなります。麦芽率は高いので税率はビールと同じです。
【瓶内容量】330ml ※樽生もあります
【希望小売価格】539円(税込)
【ボトル販売場所】公式オンラインショップ、京王百貨店 新宿店、東武百貨店 池袋店、京急百貨店、大阪タカシマヤほか


<樽生>提供店舗
●サンクトガーレン タップルーム
https://www.sanktgallenbrewery.com/taproom/
本厚木駅北口すぐにあるサンクトガーレンの直営店。
レギュラービールから季節限定ビールまで、20種類のサンクトガーレンのビールが樽生で楽しめます。
フードは注文を頂いてから1枚1枚生地をのばして、石窯で焼き上げる本格ピザをご提供しています。

[画像5: https://prtimes.jp/i/25081/176/resize/d25081-176-63ba02f7539722f4fa99-4.jpg ]


【住所】神奈川県厚木市中町2-2-1 本厚木ミロード2 1階(本厚木駅北口すぐ)
【電話番号】 046-230-7017
【営業時間】 月 12:00~22:00/火~金 12:00~23:00/土 11:00~23:00/日 11:00~22:00
※ラストオーダー フード 1時間前、ビール30分前


●THE GREAT BURGER(ザ グレートバーガー)
http://www.the-great-burger.com/
【住所】東京都渋谷区神宮前6-12-5
【電話】03-3406-1215


●GOOD TOWN BAKEHOUSE(グッドタウンベイクハウス)
https://www.instagram.com/good_town_bakehouse/
【住所】東京都渋谷区渋谷区上原1-30-1
【電話】 03-6886-5330


※他の店舗は公式サイトで随時アップします。


サンクトガーレンとは



[画像6: https://prtimes.jp/i/25081/176/resize/d25081-176-100e828cae3da40866fe-5.png ]

https://www.sanktgallenbrewery.com/

サンクトガーレンは日本で地ビールが解禁する以前より、アメリカで小規模ビールの製造販売を行っていた“元祖地ビール屋”です。それがTIMEやNewsweekなどのアメリカメディアで話題となり、日本のメディアに飛び火。世論を巻き込み、日本の地ビール解禁に一石を投じました。そのため業界内では「地ビール0号」と呼ばれています。

サンクトガーレンが造るビールは、大手で主流の “ラガー” とは製法も味わいも対極の “エール” 一貫主義。国内外のコンテストで数々の受賞を誇ります。そんな王道ビールの他、バレンタイン限定チョコレートビール、ボジョレーヌーボーと同時解禁する麦のワイン、一升瓶ビールなど数々の個性的なビールを製造販売しクラフトビールの魅力を広く発信しています。

フルーツビールにも力を入れており、リンゴの他に神奈川オリジナル柑橘「湘南ゴールド」や、桃、梨、イチジクなどを使ったフルーツビールを季節に合わせて製造しています。
香料などに頼らず果物本来の香りや味わいを引き出すため、果物はたっぷり贅沢に使います。そのため、通常より安く仕入れられる"訳あり(規格外)"果物でなければ採算が合いません。訳あり果物の利用は、農家にとっては売り物にならない果物が売れる、弊社にとっては安く果物を譲ってもらえるという互いにとってメリットのある関係です。中には、訳あり果実に困った農家さんのSOSから誕生したフルーツビールもあります。訳あり果実の利用は食品ロス削減につながり、 SDGs達成に貢献しています。

サンクトガーレンはスイスの地名。
そこにあるサンクトガーレン修道院は世界で初めて醸造免許を取得した場所。
その原点を引く継ぐべく「サンクトガーレン」とブランド名に冠しています。

公式サイト : https://www.sanktgallenbrewery.com/
Twitter: https://twitter.com/SanktGallenSHOP
Facebook: https://www.facebook.com/SanktGallenBrewery
Instagram:https://www.instagram.com/mikisanktgallen/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください