BSIジャパン、国際規格であるISO27001に基づく情報セキュリティマネジメントシステム認証をアイ・シー・ネット株式会社に授与

PR TIMES / 2013年4月11日 18時31分



 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 竹尾 直章、以下BSIジャパン)は、アイ・シー・ネット株式会社(さいたま市中央区 代表取締役 寺島 裕晃、以下 アイ・シー・ネット)へ “ISO27001に基づく情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)” 認証を授与しました。(認証登録日:2013年3月21日)

 アイ・シー・ネットは、1993年に創業したコンサルティング会社です。「日本の経験を世界へ、世界の経験を日本へ」の考え方を基に、「人」を中心に据えた人間・社会開発を得意とするコンサルティング会社です。開発援助の専門家集団として途上国での国際協力プロジェクトを担うとともに、世界で活躍する人材の育成やネットワークの形成を推進しています。アイ・シー・ネットの研修は、楽しませる、ひき込む、考え・気付かせる、身につく、持ち帰る、という流れを作って参加者が現場での実践につながる研修を目指しています。

 このたび業務で取り扱うあらゆる情報の機密性、完全性、可用性を確保する為に、 “ISO27001に基づく情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)”を構築・運用し、BSIジャパンからISMS認証を取得しました。ISMSの適用範囲は「1.自社研修プログラムの企画及び運営、2.受託研修プログラムの企画、運営及び講師派遣」であり、お申し込み頂いたお客様の個人情報を取り扱っています。セキュリティ対策を確実に実施して、お客様情報の適切な管理を実施するなど、ISMSに対して積極的な取り組みがされています。

 ISO27001は、情報資産を保護し、顧客、取引先といった利害関係者の信頼を得られるセキュリティ統制の確保を目的としたマネジメントシステムの国際規格です。“ISO27001に基づく情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)”を導入して構築・運用する事により、組織は情報漏えいや不正アクセスと言った会社に損害を与えうる情報リスクと脅威に対処・管理して、情報セキュリティを継続的に向上させる事ができるようになります。

 アイ・シー・ネットは、ISMS認証を取得した事により、「1.自社研修プログラムの企画及び運営、2.受託研修プログラムの企画、運営及び講師派遣」の業務にて取り扱われる、あらゆる情報の機密性、完全性、可用性が確実に確保され、そのセキュリティが国際基準であるISO27001に基づいて管理されている事が、BSIグループジャパンによって認証されました。組織のブランド力・名声の強化、セキュリティリスク軽減、ステークホルダーからの信頼の確保に大きく役立つ、国際的なステータスを取得したと言えます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング