カリスマヒーラー&有名医が提唱する「ココロストレッチ」って?

PR TIMES / 2012年2月8日 12時45分



今やがん、脳卒中、心臓病、糖尿病と並ぶ5大疾患にまで認定されてしまった“精神疾患”。うつ病、というと自分には縁遠い、重たい病気のように思われがちだが、厚生労働省が行った調査によれば、その予備軍とも言える「仕事や職業生活に関して強い不安や悩み、ストレスを感じている労働者」は労働者全体の約60%にものぼり、実際に気分障害で治療を受けている人も平成8年からの9年間で約2.4倍も増加するなど、精神疾患は今や深刻な社会問題になっている。さらに、総患者数の約60%を占めるのは、20代~30代だというから、もはや他人事ではない。働き盛りの世代のメンタルヘルス予防は、今や急務といえよう。

うつ、とまではいかなくても、明日やらなくてはならないことをあれこれ考えて眠れなくなったり、会社に行くのがユーウツで朝起きるのがつらかったり、という経験をしたことのある人は少なくないはずだ。そこで、“音楽による日常的な心のストレッチ=ココロストレッチ”をテーマに、エイベックスが来る3月28日、これまでにない新感覚コンピレーションCD「ココロストレッチ~HEALING(ヒーリング)」「ココロストレッチ~CHEERING(チアリング)」の2タイトルをリリースする。

この“ココロストレッチシリーズ”では、日本のメンタルヘルスの権威である山本晴義医師(医学博士 横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長)監修の元、クチコミだけで年間2000人を癒したカリスマヒーラー・吉原樹世乃(LOTOL)が選曲を担当。

夜眠る前に聴くことでリラックス状態の脳波であるα波を示す“ゆらぎ”の波動と優しい歌詞が心身に心地よいナイト用の“HEALING”と、一日の始まりに聴くことでアップテンポのリズムや明るい歌詞で気持ちを盛り上げ、元気にしてくれるモーニング用の“CHEERING”で構成されている。収録されているのは、既存のヒーリングCDにありがちな自然音やクラシックばかりのタイトルではなく、臨床心理士・曽根美恵氏(青山心理発達相談室代表)による社会人を対象とした試聴調査で癒し効果が実証された良質なJ-POP中心のラインナップ。

発売に先がけて、まずは公開されたばかりの収録楽曲とダイジェスト試聴動画をチェック!

【ダイジェスト試聴動画(YouTube) 】
「ココロストレッチ~HEALING」
http://www.youtube.com/watch?v=q0O63uLqQnI

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング